MEDIOCRITY BLOG

【2016年9月ブログ開設〜】月間7万PV達成!!サラリーマンやりながらブログを書く『サラリーマンブロガー』です。MacとiPhoneをこよなく愛します。Hulu&NetFlix&AmazonPrimeで海外ドラマを観る休日は最高!!

スプラトゥーン2が超楽しみすぎて最新情報をまとめちゃいました【ニンテンドースイッチ】

ニンテンドースイッチでスプラトゥーン2が発売するぞー!!!

【更新情報】
4/13(木)追記:発売日の詳細情報追加
4/19(水)追記:amiibo連携の情報追加
5/18(木)追記:予約開始の情報追加
6/14(水)追記:ガチマッチ他の情報追加
7/1 (土)追記:ヒーローモードの情報追加
7/15(土)追記:前夜祭のレビュー記事追加

私、めちゃくちゃスプラトゥーンが大好きなんですよ。
その続編である『スプラトゥーン2』が発売されるんで、『なにが変わったの?』と思う方もたくさんいますよね?私もあんまり分かっていなかったんです。

だから、スプラトゥーン2の新要素や最新情報をまとめて、発売日に備えておきたいと思います。

スポンサーリンク

スプラトゥーン2とは?

f:id:Mediocrity:20170205084138p:plain
▲タイトル画像だけで期待がふくらむ▲

Wii U向けのアクションシューティングゲームとして、2015年5月28日に発売された『スプラトゥーン』。この『スプラトゥーン』の続編にあたるのが、本作『スプラトゥーン2』となります。

簡単なゲーム内容としては、1チーム4人編成での『4vs4』のチーム戦。
3分間で互いにインクを塗りまくって、その塗った面積の広さで勝敗を決めるという『シンプルかつ戦略性もあって奥が深い』アクションゲーム。

前作『スプラトゥーン』は、全世界で457万本を売り上げたWii Uの看板ゲームです。そして、日本国内でも149万本を売り上げ、Wii Uの国内売上本数は堂々の1位。

だから、スプラトゥーン2は、ニンテンドースイッチでも”看板ゲーム”として王者に君臨することでしょう。そのぐらい期待値が高いゲームソフトなんです。

スプラトゥーン2の発売日は?

そして、気になる発売日は

『2017年7月21日(金)に発売決定』となります。

4/13(木)のイカ研究所発表会にてついに発売日が正式決定しました。PS4の目玉ソフト『ドラクエ11』は7/29(土)発売と2017年の7月はゲーマーにとって『時間がいくらあっても足りないわww』と狂喜乱舞すると思われます。

とうとう予約が開始されました!

f:id:Mediocrity:20170518220620p:plain

ニンテンドースイッチ本体との同梱版も予約開始されましたが、あっという間に瞬殺されていましたw絶対に転売屋の方々が買い占めてるよな。

そして、一番ショックだったのが、『Nintendo Switch Proコントローラー スプラトゥーン2エディション』です。

f:id:Mediocrity:20170518220801p:plain

メチャクチャカッコよくないですか?

しかし、私の場合は、つい最近ニンテンドースイッチProコントローラー買ったばっかりだったんですよ。

スプラトゥーン2エディションのProコントローラーが出るなら、絶対に待っていました。かなり悔しいですw

スプラトゥーン2の舞台はハイカラスクエア

f:id:Mediocrity:20170205102335p:plain
▲舞台は『ハイカラスクエア』▲

Nintendo Switchの体験会2017で発表された内容だと、今作『スプラトゥーン2』の舞台は”ハイカラスクエア”
前作『スプラトゥーン』の舞台『ハイカラシティ』から2駅ぶんぐらい離れた場所にある最高にイカした場所です!!

現実世界と同様にイカの世界も前作から2年の歳月が流れ、流行の発信地が『ハイカラスクエア』へと移り変わってきた…との設定。

街のシンボルも『ハイカラシティ』では”キツネ””タヌキ”がシンボルだったのが、『ハイカラスクエア』では”ツル””カメ”に変わってたりします。

『なんだ?なんだ?設定からしてワクワクが止まらないぞ』

スプラトゥーン2での新要素

前作『スプラトゥーン』での良いところを引き継いで、『スプラトゥーン2』ではさらなる進化を遂げています。より満足度の高い仕上がりになっていることでしょう。

新キャラクターや新たなキャラクターカスタマイズも追加になっています!!

今作はamiibo連携がパワーアップしたぞ

f:id:Mediocrity:20170419231639p:plain
▲今作のamiboも売り切れ続出!?▲

前作"スプラトゥーン"でのamiiboは、ブキやギア、ミニゲームができるぐらいでした。

しかし、今作"スプラトゥーン2"では、amiiboの機能が『よりパワーアップ』してるんです。

amiiboがサポーターになってくれる

f:id:Mediocrity:20170419230926p:plain
▲amiboがサポーターになってくれる▲

ammiboをニンテンドースイッチ本体に読み込ませることによって、プレイヤーのことを手助けしてくれるサポーターになってくれます。

f:id:Mediocrity:20170419232306p:plain
▲amiboがきせかえ人形になる▲

好きなブキやギアのコーディネートをamiiboに登録することができます。

f:id:Mediocrity:20170419232332p:plain
▲amiboが特別なギアをくれる▲

amiiboでできること
  1. プレイヤーの公認サポーターになってくれる
  2. 好きなコーディネートを登録できる
  3. ammiboと一緒に記念撮影ができる
  4. 特別なギアをプレゼントしてくれる
amiiboは売り切れる前に購入すべし

『amiiboが欲しい方は、すぐに予約をして下さい』

今回のamiiboも早めに予約しておかないと手に入れられなくなりそうですね。

Wii Uで発売されたスプラトゥーンの時は、速攻売り切れました。そして、買いたくても転売屋の方々が買い占めてしまい、値段が跳ね上がりまくり。Amazonでは、元値の3倍以上で売り出される始末w

だから、スプラトゥーン2でも売り切れ間違い無し。欲しい方はお早めに!

1人で楽しむヒーローモードがパワーアップ

f:id:Mediocrity:20170701223229p:plain
▲ヒーローモードがメチャクチャ面白そう▲

『ヒーローモードがパワーアップしてるぞ』

『ヒーローモード』は1人用モードですので、『スプラトゥーンはプレイしていないけど、スプラトゥーン2買ったで!』って方に超オススメ。

ブキの使用方法から操作方法を学ぶのに最適なモードです。

▼ヒーローモードの公式トレーラー▼

『ホタルの為に地下基地へ潜るしかない』

まずは、公式トレーラーを見て雰囲気を感じてください。失踪したアオリを探すために腕の立つ若者を探している、シオカラーズのホタルが登場。

前作との変更点

f:id:Mediocrity:20170701224011p:plain
▲ブキの種類が豊富になったぞ▲

前作『スプラトゥーン』でもヒーローモードありましたよね?そして、使用できるブキはヒーローシューターの1種類のみ。

しかし、今作『スプラトゥーン2』では、使用できるブキの種類がめっちゃ増えました。

マニューバーやチャージャー、ローラーなどのブキをブキチからレンタルできるんで、ありがてぇーw

f:id:Mediocrity:20170701230558p:plain
▲アーマーで攻撃を防げるぞ▲

スプラトゥーンでは、敵の攻撃をくらうと一発ダウンでしたよね。しかし、スプラトゥーン2ではアーマーが弾けて攻撃を防いでくれます。一定時間が経過すると自然にアーマーが復活するんですが、アーマー無し状態では前作同様、一発ダウンなので御注意を!

また、インクの中に潜ればアーマーの復活が早まるなどの小技があるみたい。

4人協力モード『サーモンラン』がアツい

f:id:Mediocrity:20170413222408p:plain
▲ハイカラスクエアでは何やら怪しいバイトが流行中▲

スプラトゥーンには無かった新しいモードが追加されました。その名も『サーモンラン』このサーモンランが面白そうすぎてヤバイですw

サーモンランモードの敵はシャケだ

f:id:Mediocrity:20170413222659p:plain
▲シャケが海からウジャウジャ出現▲

"ナワバリバトル"ではイカ同士の仁義なき戦いが繰り広げられていました。しかし、"サーモンラン"ではイカ同士協力して『シャケ』を倒すんです。

f:id:Mediocrity:20170413223001p:plain
▲オオモノシャケも出現▲

ウジャウジャ湧いてくる雑魚シャケばかりじゃなくて、『オオモノシャケ』も湧いてきます。名前からしてヤバい奴ですね。別にボスとかでは無く、ドラクエで言うと『スライムとキングスライム』みたいな感じですね。

サーモンランの目的はイクラ集め

f:id:Mediocrity:20170413223347p:plain
▲イクラの他にレアな金イクラが出現▲

サーモンランは、ただひたすらシャケを倒すんじゃなくてきちんと目的があります。シャケを倒すとウジャウジャ湧いてくるイクラまれに出る金イクラを集めてステージ中央のコンテナにぶっこむことが目的です。

f:id:Mediocrity:20170413223700p:plain
▲このコンテナに金イクラを集める▲

集めたイクラの量に応じて便利アイテムをゲット

f:id:Mediocrity:20170413223857p:plain
▲詳細報酬は現時点不明▲

サーモンランで集めたイクラに応じて『クマサンポイント』が獲得できます。そのクマサンポイントをバイトの胴元である『クマサン商会』で便利アイテムと交換できるシステムです。

しかし、現時点ではどんな素晴らしい便利アイテムが交換できるのかは不明。メチャクチャ気になりますねw

ガチマッチはホントにガチ勢の集まりだわw

『マジで本気の奴らが集まるぞ』
『スプラトゥーンは遊びじゃねえんだよ』

ほんとにガチ勢が強くて泣けてきます。ウデマエランクが上がっても、すぐに蹴落とされますw
そんなツライ思いをスプラ2でもすることになるとは・・

前作『スプラトゥーン』でも熱い戦いが繰り広げられた『ガチマッチ』。スプラトゥーン2でも登場します。

ガチエリアのルール

f:id:Mediocrity:20170614205249p:plain
▲ガチエリア▲

  • 各チームの持ちカウントは『100』。相手よりも先にカウントを『0』にすれば勝利!
  • ステージに配置されたガチエリアをインクで塗れば『確保』
  • 『確保』すればカウントが減ります
  • 塗り状況は中央の表示されるので、状況が一発で把握可能
ガチヤグラのルール

f:id:Mediocrity:20170614205439p:plain
▲ガチヤグラ▲

  • ヤグラに乗ると自動で相手陣地へGO!
  • 但し、やられて無人になると中央へ戻る
  • いかに、ヤグラに乗る仲間を守るかがポイント
  • スプラ2では、一時停止する『カンモン』が追加
ガチホコバトルのルール

f:id:Mediocrity:20170614205453p:plain
▲ガチホコバトル▲

  • ガチホコをかついで相手陣地にタッチダウンしたら勝利!
  • ガチホコを持っている間は『専用』のガチホコショットがぶっ放せます
  • しかし、制限時間があり『0』になるとガチホコが爆発しますw

プライベートマッチ観戦機能

プライベートマッチで対戦できるのは8人までなんですが、9人目、10人目の人たちが『カメラマン』としてバトルを観戦することができる機能です!!

観戦できる視点は俯瞰ふかん視点』『プレイヤーの三人称視点』で切り替えることができます。鳥のように空から見ることもできるし、実際に対戦しているかのようにプレイヤー目線で見ることができるんですね。

そして、この機能がゲーム実況にめっちゃ役立つとのこと!!1人がステージ全体を表示させておき、もう1人がそれぞれのプレイヤー視点で対戦を追っていく。その視点でゲーム動画をネット配信できるので実況動画がマジ捗る。

全体を把握しているカメラマンがチームメンバーに指示を出して戦えば、より戦略性も増してゲームが楽しめそうだわ(笑)

スプラトゥーン2での基本操作

基本的な操作方法は、前作同様なんですが、細かいギミックが改良されています。スムーズな操作が可能となりゲームへの没入感もハンパないでしょ?

ジャイロエイム

f:id:Mediocrity:20170205113327p:plain
▲ジャイロセンサーが大活躍▲

前作同様、コントローラーのジャイロ機能を利用し、コントローラーの傾き加減で照準をあわせることが可能です。最初は操作に戸惑いますが、コツを掴んで慣れれば最強でしょう。細かい操作が素早く行えるので、ライバルを圧倒できます。

しかし、ニンテンドースイッチでは『携帯モード』があるため、画面自体を傾けることになります。ジャイロエイムがやりやすいのかどうかは、実際にプレイしてみて判断してみます!

スーパージャンプ

f:id:Mediocrity:20170205115350p:plain
▲スパジャンの操作性向上▲

スーパージャンプ、通称『スパジャン』

かなり多様するアクションである『スーパージャンプ』の操作性が改良されました。前作『スプラトゥーン』では、ゲームパッドのディスプレイをタッチすることでスーパージャンプができました。

今作『スプラトゥーン2』では、十字キーの上下左右に場所が割当てられています。Xボタンを押してマップを開いたら、対応している十字キーを押すだけでバビューンっと飛んでいけます。

十字キー
対応場所
上ボタン
仲間①
右ボタン
仲間②
左ボタン
仲間③
下ボタン
スタート地点
対戦相手のブキやスペシャルメーターが見える

f:id:Mediocrity:20170205121734p:plain
▲使用しているブキが表示▲

前作『スプラトゥーン』では、対戦相手と向き合うまで『どんなブキを使用しているのか?』が分からなかったんです。しかし、今作『スプラトゥーン2』では、上部タイマー横にブキ表示がされるようになりました。

f:id:Mediocrity:20170205141223p:plain
▲スペシャルメーターが溜まったら表示変更▲

また、スペシャルメーターが溜まっているのかどうか?も表示を見れば一目瞭然!!

これにより、相手のブキによって戦略を変えたり、攻撃・守備のタイミングを見計らったりと、幅広い戦略を立てて攻めることが可能になりました!

スプラトゥーン2のステージ

新しいステージ追加はもちろんのこと、既存のステージにもギミックが追加されていたりと、やりごたえがありそうなステージとなっています。

既存のステージにギミックが追加

f:id:Mediocrity:20170205123529p:plain
▲ギミックが追加されたぞ▲

一部ステージの詳細内容が、Nintendo Switch 体験会 2017で発表されました。
パット見だと『タチウオパーキングのステージかよ!』と思ったのですが、『なにやら新たなギミック』が追加されています。

プレイヤーたちの頭上にインクが張り巡らされており、もちろんこのインクの中を泳いでいくことも可能!!より幅広い戦い方ができるようになってますよ。

新たなステージ

新たなステージとしては、現時点で2つ。『フジツボスポーツクラブ』『バッテラストリート』が発表されています。(今後新たに追加されていくとは思います。)

f:id:Mediocrity:20170205135534p:plain
▲フジツボスポーツクラブ▲

新たなステージのひとつが『フジツボスポーツクラブ』です。トレーニングジムがモチーフとなっており、ボルダリングやランニングマシン、プールまでが設置されています。トレーニングジムの中で繰り広げられる戦いは、より一層激しいものとなりそうですね。

f:id:Mediocrity:20170205135610p:plain
▲バッテラストリート▲

そして、2つめのステージが『バッテラストリート』。繁華街から離れた裏路地がモチーフとなっており、オシャレなセレクトショップが建ち並んでいます。どことなく、”裏原宿”をイメージさせる雰囲気ですね。

スプラトゥーン2のブキ

『スプラトゥーン2』のブキについても、Nintendo Switchの体験会2017でいろいろ面白いものが発表されています。

現時点で判明している情報をもとにします、新たな情報が発表され次第、順次追記していきます。

スプラトゥーン2のメインウェポン

f:id:Mediocrity:20170205142427p:plain
▲スプラマニューバー▲

現時点で一番の目玉ウェポンが『スプラマニューバー』でしょう。”ザ・ガンマン”って感じのブキで、両手に持った拳銃からインクを発射し敵を倒す。しかも、メインウェポンを発射して、移動しながらジャンプボタンを押せば『高速スライド』ができます。

2回まで『高速スライド』ができるので、『シュンシュン』って対戦相手を翻弄して倒すのがメッチャ楽しそうw但し、高速スライドの直後は、しばらく動けなくなるので使い所を見極めたいです。

f:id:Mediocrity:20170205142240p:plain
▲スプラシューター▲

『スプラシューター』は、前作『スプラトゥーン』とほぼ変化なしの模様。そこまで『スプラシューター』を使っているプレイヤーは多くない印象だったんですが、今作の『スプラトゥーン2』ではどうなりますかね。

f:id:Mediocrity:20170205143545p:plain
▲スプラローラー▲

『スプラローラー』は、ブキとしては変更がないんですが、新たなアクションギミックが加わりました。前作『スプラトゥーン』では、”横振り”だけだったんですが、今作『スプラトゥーン2』では”縦振り”が加わりました。ローラーを縦に持って振り下ろし遠距離までインクを飛ばすことができます。

元々は『接近戦』に強いブキでしたが、”縦振り”が加わることによって、どう活躍できるのか楽しみです。

f:id:Mediocrity:20170205144811p:plain
▲スプラチャージャー▲

遠距離の敵を狙い撃ちする『スプラチャージャー』なんですが、新たなアクションギミックとして『チャージキープ』が使えるようになりました。フルチャージした状態で、インクに潜り2秒間移動できます。イカで潜って移動後、すぐにチャージ弾を発射できるので、使いこなせればメッチャ強いわ。

スプラトゥーン2のサブウェポン

f:id:Mediocrity:20170205181719p:plain
▲カーリングボム▲

『カーリングボム』は、ボムを構えたときから数秒後に爆発します。投げるとカーリングのようにスーッと地面を滑っていき、時間がくると爆発!!

だから、すぐに投げると遠くで爆発、遅く投げると近くで爆発と調節が可能。また、壁にぶつかっても爆発はせず跳ね返ってくるので壁裏に隠れている的にも最適。 

スプラトゥーン2のスペシャルウェポン

今回『スペシャルウェポン』は総入れ替えとなります!!!

f:id:Mediocrity:20170205174508p:plain
▲マルチミサイル▲

『マルチミサイル』は、発動すると大きなカーソルが表示されます。その枠の中でロックオンした対戦相手に自動追尾型ミサイルが発射されます。一人あたり4発、最大16発のミサイルをぶっ放すことができる強力なブキです。もちろん当たると一発K.O

f:id:Mediocrity:20170205175841p:plain
▲ハイパープレッサー▲

『ハイパープレッサー』は、超高圧でインクを噴射させてかなり遠くの敵も攻撃できます。壁も突き抜けて攻撃したり、噴射しながら方向を変えて攻撃できるブキになります。

f:id:Mediocrity:20170205180401p:plain
▲ジェットパック▲

『ジェットパック』は見ての通り、飛びます!!インクを下へ噴射させて空中に飛んだまま、ロケット砲のような銃でインクを発射し敵を攻撃します。

f:id:Mediocrity:20170205180748p:plain
▲スーパーチャクチ▲

『スーパーチャクチ』は発動すると、その場でジャンプして大量のインクを地面にぶちまけます。まさに名前の通り『スーパー(強力)な着地』をしてくれます。
ちなみに、スーパージャンプ中にも発動可能なんで、味方のところへ助けに行きつつ着地と同時に『インクをぶちまける』みたいな使い方もできるんで楽しそう!

なんだか、今回の『スプラトゥーン2』のスペシャルウェポンって凄いのが揃ってますよね?

この他にもまだまだ、スペシャルウェポンあるようですが、詳細については発表されていないです。

オンライン対戦ができるのは有料会員のみ

f:id:Mediocrity:20170204085035p:plain
画像引用:nintendo.co.jp

ここで、ひとつ注意があります。

『スプラトゥーン2のオンライン対戦は、有料だ!!』

やはり、サーバーを維持管理していくには『お金』が掛かるようで、とうとう任天堂もオンラインサービスは有料となってしまいましたね。まぁ、サーバーを運営するには、莫大な費用が掛かりますので、仕方ないですけどね!

『まじかよ…Wii Uは無料だったじゃん…』と落胆した方。大丈夫です。そこは天下の”任天堂”なんで、料金設定はかなり安くなっています。

f:id:Mediocrity:20170614220117p:plain
▲コレは安い。子どものお小遣いでも十分払えますね▲

1ヶ月の利用料金が税込で300円。メチャクチャ安いです。

ニンテンドースイッチは、小中学生も多くプレイしているゲームですので、かなり気遣ったありがたい料金設定。

▼もっと詳しくオンラインサービスについて知りたい方は、こちらで解説しています▼

スマホ向けの”オンラインロビー&ボイスチャット”アプリに対応

f:id:Mediocrity:20170206202215p:plain
▲スマホアプリでマッチング▲

オンラインサービスの有料会員限定となりますが、スマートフォン向けアプリが配信されます。このアプリがスプラトゥーン2と連動しており、フレンドやSNSで招待した仲間と待ち合わせてコミュニケーションが図れます。

具体的には、”オンラインのロビー”に集まった仲間同士で『ボイスチャット』で会話ができ、そのままゲームに突入できます。

『どうも!ヨロシク』からの『んじゃ、対戦だぁー』が一連の流れで完結するのが、このアプリの特長です。

但し、チーム分けが決まったら、同じメンバーだけでしか会話できません!もし、全員で会話できたら『攻め方や守りのタイミング・戦略がダダ漏れ状態』ですからね。

そして、『全く知らない人とは会話できない仕様』です。フレンド登録や”招待する”・”招待される”といった状態でないと、オンラインロビーに入れません。この仕様については、私自身も子供がいるので、安心できる内容でしたね!

さいごに

『スプラトゥーン2』って、めちゃくちゃ面白そうですよね??

いろいろ最新情報を調べていくだけでも、面白さが伝わってきて凄い期待しています。
発売されたら、速攻で買いますので、『スプラトゥーン2』の購入後レビューしようと思います!!

以上。