アマゾンでお得に買い物する方法10選はこちら

RTX 2060搭載ゲーミングPCの性能・価格は?3060・3050と徹底比較

当ページのリンクには広告が含まれています。

ライトゲーマーの中には、4K解像度ではなくフルHD解像度でもいいから、手軽に購入できるゲーミングPCが欲しい人もいますよね。

RTX 2060シリーズの製品は価格が安く、オンラインゲームをフルHD解像度で快適に遊べるので、初めてゲームを行う方におすすめです。

RTX3060が販売されて型落ちとなりましたが、リーズナブルな価格で手に入るので、他の2000シリーズのGPUと異なり販売され続けています。

今回は、RTX 3000シリーズと比較したRTX 2060の特徴・性能を解説した上で、安く買えるおすすめ商品を紹介します。

他世代のGPUであるRTX 3060やGTX 1660 SUPERと迷っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

目次

RTX 2060の性能・価格は?

RTX 3060の型落ち製品であるRTX 2060は、処理性能に劣る上に設定価格が20ドル高いので、現在では廃盤になりあまり流通されていません。

ここでは、RTX3060・3050等と比較した、RTX 2060の性能・価格について詳しく解説します。

「RTX 2060」と「RTX 2060 SUPER」の性能・価格比較

項目RTX2060RTX2060 SUPER
アーキテクチャTuringTuring
CUDAコア数19202176
ベースクロック1365 MHz1470 MHz
ブーストクロック1680 MHz1650 MHz
GPUメモリGDDR6 6GBGDDR6 8GB
メモリスピード14 Gbps14 Gbps
メモリバス192-bit256-bit
メモリバス帯域幅336 GB/s448 GB/s
RTコア数3034
Tensorコア数240272
TDP160 W175 W
補助電源1 x 8-pin1 x 8-pin
価格$349$399
発売日2019年1月15日2019年7月9日
「RTX 2060」と「RTX 2060 SUPER」の性能・価格比較表

RTX 2060の上位GPUにあたるRTX 2060 Superは、メモリ関連のスペックが3割程度優れている上に、他の性能も10~15%ほど高いのが特徴です。

RTX 2060 SUPERとのスペックの差を、PassMarkスコアに直して分かりやすく比較してみました。

GPUモデルPassMarkスコア価格
RTX 206014,078$349
グラボの販売価格:36,980円~
(※2023年8月時点の価格)
RTX 2060 SUPER16,609$399
グラボの販売価格:70,000円~
(※2023年8月時点の価格)
「RTX 2060」と「RTX 2060 SUPER」のPassMarkスコア・販売価格比較表

RTX 2060 SUPERの方がPassMarkスコア上で20%ほど優れていますが、実用性能の差は15%程度に縮まります。

しかし、RTX 2060 SUPER搭載のグラボは品薄状態で、7万程度かけないと購入できないため、RTX 2060を選んだ方がいいです。

「RTX 2060」と「RTX 3060」の性能・価格比較

項目RTX 2060RTX 3060
アーキテクチャTuringAmpere
CUDAコア数19203584
ベースクロック1365 MHz1320 MHz
ブーストクロック1680 MHz1780 MHz
GPUメモリGDDR6 6GBGDDR6 12GB
メモリクロック14Gbps14Gbps
メモリバス192-bit192-bit
メモリバス帯域幅336 GB/s360 GB/s
RTコア数3028
Tensorコア数240112
TDP160 W170 W
補助電源1 x 8-pin1 x 8-pin
価格$349$329
発売日2019年1月15日2021年2月26日
「RTX 2060」と「RTX 3060」の性能・価格比較表

RTX 2060の次世代のモデルであるRTX 3060では、Tensorコア数が半分に減らされているものの、約2倍のCUDAコア数・メモリ容量を持ちます。

コア数・メモリ容量による処理性能の違いを、PassMarkスコアに換算して比較してみました。

GPUモデルPassMarkスコア価格
RTX 206014,078$349
グラボの販売価格:36,980円~
(※2023年8月時点の価格)
RTX 306017,137$329
グラボの販売価格:36,980円~
(※2023年8月時点の価格)
「RTX 2060」と「RTX 3060」のPassMarkスコア・販売価格比較表

新型のGPUであるRTX 3060は、RTX 2060 SUPERとほとんど同じ処理性能を持ち、RTX 2060に比べてPassMarkスコア・処理性能共に20~25%ほど優れています。

在庫処分によりRTX 3060の値下がりが進んだ関係で、RTX 2060と同じ価格で購入できるため、コスパに優れたRTX 3060を選びましょう。

「RTX 2060」と「RTX 3050」の性能・価格比較

項目RTX2060RTX3050
アーキテクチャTuringAmpere
CUDAコア数19202560
ベースクロック1365 MHz1552 MHz
ブーストクロック1680 MHz1777 MHz
GPUメモリGDDR6 6GBGDDR6 8GB
メモリスピード14 Gbps14 Gbps
メモリバス192-bit128-bit
メモリバス帯域幅336 GB/s224 GB/s
RTコア数3020
Tensorコア数24080
TDP160 W130 W
補助電源1 x 8-pin1 x 8-pin
価格$349$249
発売日2019年1月15日2022年1月27日
「RTX 2060」と「RTX 3050」の性能・価格比較表

3000シリーズのエントリーモデルにあたるRTX 3050は、CUDAコア・クロック数・メモリ容量では優れているものの、メモリバスやRTコア数の面では劣っています。

RTX 2060との総合的な性能の違いを、PassMarkスコアに直して比較してみました。

GPUモデルPassMarkスコア価格
RTX 206014,078$349
グラボの販売価格:36,980円~
(※2023年8月時点の価格)
RTX 305012,698$329
グラボの販売価格:29,800円~
(※2023年8月時点の価格)
「RTX 2060」と「RTX 3050」のPassMarkスコア・販売価格比較表

RTX 2060の方が1割ほどPassMarkスコアが高く、実際のフレームレート数も10~15%程度高い数値が出ます。

RTX 2060に比べると7,000円程度安くなっていますが、RTX 3060の3/4程度の性能しか持たないので、エントリーゲーマー向けの製品といえます。

GeForce RTX 2060の特徴

2000シリーズのミドルレンジGPUであるGeForce RTX 2060は、RTX 3060に迫る性能を持つものの、価格が高いのでほとんど廃盤になりました。

今回は、他のGPUと比較した、GeForce RTX 2060の特徴について詳しく解説します。

GTX 1660 SuperとRTX 3060の中間の性能を持つ

GPUモデルPassMarkスコア
RTX 308025,392
RTX 3070 Ti23,757
RTX 307022,456
RTX 3060 Ti20,520
RTX 306017,137
RTX 305012,698
RTX 2080 Ti21,900
RTX 2080 SUPER19,558
RTX 2070 SUPER18,236
RTX 2060 SUPER16,609
RTX 206014,078
GTX 1660 SUPER12,807
GTX 16507,838
各GPUモデルのPassMarkスコア比較表

各GPUモデルのPassMarkスコアの表は以上のとおりで、新型のRTX3000シリーズのGPUに比べると性能が落ちることが分かります。

GTX 1660 SuperとRTX 3060と比較した、RTX2060のスペックをグラフにして分かりやすくまとめてみました。

GPU性能比較(PassMarkスコア)
RTX 3060
17,137
RTX 2060
14,078
GTX 1660 SUPER
12,807

1つ世代が新しいRTX 3060に比べると、PassMarkスコア比で2割ほど落ちますが、GTX 1660 SUPERよりも10%処理性能が高いのが特徴です。

フルHD解像度であれば快適に遊べますが、負荷の重いゲームではWQHD解像度でも60fpsを下回ります。

RTX 3060と大差ない価格で販売されている

GPUモデルグラボ価格(価格コム)
※2023年8月時点の価格
搭載モデルの価格
※2023年8月時点の価格
RTX 206036,980円~129,800円~
RTX 306036,980円~134,800円~
RTX 2060とRTX 3060の販売価格比較表

RTX2060は型落ちモデルなのにも関わらず、RTX 3060とほとんど変わらない値段でグラボが販売されています。

コスパはRTX 3060の方が明らかに優れているので、予算に問題がなければRTX 3060を選んだ方がいいです。

通常モデルではGPUメモリが6GBに抑えられている

GPUモデルメモリ容量
RTX 20606GB
RTX 306012GB
RTX 3060(8GB)8GB
各GPUモデルのGPUメモリ比較表

RTX 3060と異なり、RTX 2060は通常モデルだとGPUメモリが6GBしかなく、4K解像度でゲームを行うと容量不足で動作が不安定になります。

4K解像度でVR・オンラインゲームを遊びたい方は、メモリ容量が大きいRTX 3060以上のGPUを搭載したグラボを選びましょう。

デスクトップ型のゲーミングPCはほとんど売られていない

RTX3060の方がRTX2060よりも割安で高性能なので、現在では廃盤になっていて、特にデスクトップ型のゲーミングPCはほとんど取り扱いがありません。

信頼性の低い無名メーカーの商品しか新品が販売されていない状態なので、デスクトップ型のゲーミングPCを購入する方は、RTX 3060を搭載したものを選びましょう。

レイトレーシング機能によるフレームレートの低下は?

光の影や反射を描写するレイトレーシング機能を利用すると、画質は向上するものの、映像処理の負荷が大きくなるのでフレームレートが低下します。

今回は、レイトレーシング機能の有無による、フレームレートの変動をRTX 2060で比較してみました。

フレームレート比較表(バトルフィールド5・フルHD解像度)
RTX 2060(レイトレーシング機能OFF)
110fps
RTX 2060(レイトレーシング機能ON)
57fps

レイトレーシング機能を活用するとフレームレートが半分程度にまで落ち、フルHD解像度でも60fpsを下回りました。

設定を落とさないと快適に遊べない場合が多いので、レイトレーシング機能はオフにして取り扱った方がいいです。

3DMarkのベンチマーク性能比較

3DMarkには、DirectXエンジンを利用したTime SpyやFire Strikeが存在し、ゲーム性能のベンチマークを行えるのが特徴です。

今回は、上記のベンチマークソフトにおける、RTX 2060のグラフィック性能を比較表にしてまとめてみました。

Time Spy(DirectX12用ベンチマークソフト)

DirectX12の描写性能を測定できる、Time Spy(WQHD解像度)とTime Spy Extreme(4K解像度)のスコアの比較表は以下のとおりです。

通常版・Extreme版のどちらも、RTX 2060の後継モデルであるRTX 3060の方が2割程度高いスコアを出しました。

GPUモデルスコア
(Time Spy)
スコア
(Time Spy Extreme)
RTX 308017,0868,482
RTX 3070 Ti13,8456,990
RTX 307012,5496,276
RTX 3060 Ti11,5265,631
RTX 30608,6504,097
RTX 30506,1402,798
RTX 2080 Ti13,8726,574
RTX 2080 SUPER11,3155,293
RTX 2070 SUPER9,5834,741
RTX 2060 SUPER8,4824,042
RTX 20607,3023,320
GTX 1660 SUPER6,1072,772
GTX 16503,7151,584
各GPUモデルのTime Spyのベンチマーク性能比較表

Fire Strike(DirectX11用ベンチマークソフト)

DirectX11の性能を計測できる、Fire Strike(フルHD解像度)とFire Strike Ultra(4K解像度)のスコアの比較表は以下のとおりです。

フルHD解像度では、Time SpyよりもRTX 3060とのスコアの差が広がり、GTX 1660 SUPERに対して5%しか性能差がみられなくなりました。

しかし、4K解像度になるとローエンドGPUのスコアが大幅に下がり、RTX 2060とGTX 1660 SUPERのスコアの差は36%まで広がりました。

GPUモデルスコア
(Fire Strike)
スコア
(Fire Strike Ultra)
RTX 308039,25710,911
RTX 3070 Ti36,3729,156
RTX 307031,0208,573
RTX 3060 Ti29,1217,309
RTX 306021,3795,187
RTX 305015,8243,592
RTX 2080 Ti34,3167,718
RTX 2080 SUPER29.2306,701
RTX 2070 SUPER25,6845,963
RTX 2060 SUPER22,6185,238
RTX 206016,6704,305
GTX 1660 SUPER15,9113,157
GTX 165010,2491,769
各GPUモデルのFire Strikeのベンチマーク性能比較表

各ゲームのベンチマーク性能比較

今回は、RTX 3060・3050等のGPUと比較した、RTX 2060のグラフィック性能をゲームごとに比較してみました。
RTX3000シリーズとの性能の違いを理解してみたい方は、ぜひ確認してみてください。

Apex Legends

GPUモデルフレームレート
(フルHD解像度)
フレームレート
(WQHD解像度)
フレームレート
(4K解像度)
RTX 3080200fps190fps113fps
RTX 3070 Ti180fps142fps87fps
RTX 3070174fps130fps78fps
RTX 3060 Ti157fps124fps74fps
RTX 3060122fps89fps50fps
RTX 305089fps63fps34fps
RTX 2080 Ti166fps132fps75fps
RTX 2080 SUPER162fps121fps72fps
RTX 2070 SUPER134fps100fps63fps
RTX 2060 SUPER123fps92fps52fps
RTX 2060107fps77fps43fps
GTX 1660 SUPER77fps54fps35fps
GTX 165056fps39fps23fps
各GPUモデルのApex Legendsのフレームレート比較表

人気FPSゲームであるApex Legendsでは、RTX 2060だとフルHD解像度(最高設定)でも100fpsしか出ません。

ゲームは問題なくプレイできますが、遅延が生じて戦績に影響を及ぼす場合があります。

そのため、設定を落としてApex Legendを遊ぶか、RTX 3060 Ti以上のGPUを搭載したゲーミングPCを選びましょう。

フォートナイト(DirectX11)

GPUモデルフレームレート
(フルHD解像度)
フレームレート
(WQHD解像度)
フレームレート
(4K解像度)
RTX 3080172fps110fps74fps
RTX 3070 Ti152fps100fps62fps
RTX 3070145fps98fps58fps
RTX 3060 Ti127fps87fps48fps
RTX 3060102fps83fps37fps
RTX 305078fps56fps25fps
RTX 2080 Ti136fps95fps56fps
RTX 2080 SUPER118fps89fps46fps
RTX 2070 SUPER109fps85fps41fps
RTX 2060 SUPER95fps77fps35fps
RTX 206086fps57fps28fps
GTX 1660 SUPER71fps46fps23fps
GTX 165044fps28fps19fps
各GPUモデルのフォートナイト(DirectX11)のフレームレート比較表

バトルロワイヤルゲームとして有名なフォートナイトは、Apex Legendsよりも若干負荷が重く、RTX 2060だと100fpsを下回ります。

以下の競技用設定にするとフレームレートが大幅に向上し、144fpsを達成できるので、設定を落として対応しましょう。

  • 解像度:フルHD
  • クオリティプリセット:低
  • 3D解像度:100%
  • 描画距離:最高(最も遠い)

ファイナルファンタジー14

GPUモデルフレームレート
(フルHD解像度)
フレームレート
(WQHD解像度)
フレームレート
(4K解像度)
RTX 3080192fps151fps97fps
RTX 3070 Ti181fps144fps85fps
RTX 3070170fps143fps75fps
RTX 3060 Ti165fps128fps67fps
RTX 3060148fps100fps48fps
RTX 3050114fps71fps34fps
RTX 2080 Ti168fps134fps76fps
RTX 2080 SUPER154fps121fps64fps
RTX 2070 SUPER132fps104fps55fps
RTX 2060 SUPER121fps92fps47fps
RTX 2060116fps83fps41fps
GTX 1660 SUPER111fps59fps33fps
GTX 165063fps38fps19fps
各GPUモデルのファイナルファンタジー14のフレームレート比較表

人気MMORPGゲームであるファイナルファンタジー14は、フルHD・WQHD解像度であればRTX 2060でも60fpsを実現できます。

しかし、4K解像度になると41fpsまで下がるため、最高画質で遊びたい方はRTX 3060Ti以上のGPUを搭載したものを選びましょう。

ファイナルファンタジー15

GPUモデルフレームレート
(フルHD解像度)
フレームレート
(WQHD解像度)
フレームレート
(4K解像度)
RTX 3080135fps116fps75fps
RTX 3070 Ti133fps104fps63fps
RTX 3070127fps98fps59fps
RTX 3060 Ti114fps87fps51fps
RTX 306089fps67fps38fps
RTX 305066fps48fps33fps
RTX 2080 Ti129fps95fps60fps
RTX 2080 SUPER114fps86fps50fps
RTX 2070 SUPER103fps74fps44fps
RTX 2060 SUPER89fps64fps37fps
RTX 206079fps57fps32fps
GTX 1660 SUPER66fps47fps32fps
GTX 165039fps38fps24fps
各GPUモデルのファイナルファンタジー15のフレームレート比較表

最新作のファイナルファンタジー15は、FF14に比べると負荷が重く、WQHD解像度でも60fpsを下回ります。

RTX 3070 Tiでないと4K解像度で60fpsを実現できないため、ゲーミングPCを購入する予算を確保できない方は、解像度を落として遊びましょう。

PUBG

GPUモデルフレームレート
(フルHD解像度)
フレームレート
(WQHD解像度)
フレームレート
(4K解像度)
RTX 3080201fps152fps88fps
RTX 3070 Ti162fps122fps74fps
RTX 3070154fps116fps67fps
RTX 3060 Ti119fps92fps52fps
RTX 3060105fps79fps45fps
RTX 305077fps59fps34fps
RTX 2080 Ti123fps94fps53fps
RTX 2080 SUPER116fps89fps50fps
RTX 2070 SUPER108fps81fps46fps
RTX 2060 SUPER105fps73fps43fps
RTX 206093fps67fps39fps
GTX 1660 SUPER76fps58fps33fps
GTX 165040fps30fps17fps
各GPUモデルのPUBGのフレームレート比較表

100人のプレイヤーが戦い合うPUBGは、フォートナイト(DirectX)と同程度の重さを持ち、RTX 2060だと90fpsしか出ないのでカクつきが生じる場合があります。

「中」設定まで落とすと144fpsを確保できるので、ドン勝(どんかつ)を狙う場合は設定を落としてゲームをプレイしましょう。

レインボーシックスシージ

GPUモデルフレームレート
(フルHD解像度)
フレームレート
(WQHD解像度)
フレームレート
(4K解像度)
RTX 3080527fps318fps188fps
RTX 3070 Ti476fps256fps159fps
RTX 3070438fps244fps145fps
RTX 3060 Ti385fps206fps120fps
RTX 3060307fps169fps93fps
RTX 3050232fps129fps68fps
RTX 2080 Ti429fps219fps136fps
RTX 2080 SUPER365fps200fps120fps
RTX 2070 SUPER323fps175fps103fps
RTX 2060 SUPER283fps150fps87fps
RTX 2060252fps139fps73fps
GTX 1660 SUPER257fps126fps58fps
GTX 1650166fps77fps36fps
各GPUモデルのレインボーシックスシージのフレームレート比較表

レインボーシックスシージは他のFPSゲームに比べて負荷が軽く、4K解像度でも60fpsを達成できます。

そのため、レインボーシックスシージだけをプレイする方は、RTX2060・3060を搭載したゲーミングPCがおすすめです。

Overwatch2

GPUモデルフレームレート
(フルHD解像度)
フレームレート
(WQHD解像度)
フレームレート
(4K解像度)
RTX 3080320 fps243 fps153 fps
RTX 3070 Ti271 fps203 fps125 fps
RTX 3070267 fps198 fps122 fps
RTX 3060 Ti232 fps170 fps103 fps
RTX 3060194 fps141 fps83 fps
RTX 3050123 fps85 fps46 fps
RTX 2080 Ti248 fps173 fps99 fps
RTX 2080 SUPER196 fps144 fps76 fps
RTX 2070 SUPER179 fps128 fps66 fps
RTX 2060 SUPER152 fps109 fps55 fps
RTX 2060140 fps93 fps54 fps
GTX 1660 SUPER112 fps79 fps43 fps
GTX 165058 fps39 fps22 fps
各GPUモデルのOverwatch2のフレームレート比較表

アメリカのゲーム会社であるBlizzardが開発した、シューティングゲームの最新作であるOverwatch2は、スプラトゥーン3と同様にチームで戦うのが特徴です。

比較的負荷が軽く、RTX2060でもフルHD解像度で140fpsのフレームレートを出せるので、RTX 3060を搭載したゲーミングPCを選べば快適に遊べます。

RTX2060搭載おすすめゲーミングPC

LIGHTNING THUNDERのゲーミングPCは、RTX 2060とCore i3-12100が搭載されているのが特徴です。

ストレージ容量は480GBと少なめですが、16GBのメモリが使われているので、フルHD解像度であればゲームを快適に行えます。

側面が透明な材料でできていて、光るPCパーツを搭載するとさらにおしゃれになるのも魅力です。

しかし、電源の記載が抜けていて商品自体の信頼性も高くないので、RTX 3060を搭載したゲーミングPCを選んだ方がいいです。

商品名ゲーミングパソコン
(LIGHTNING THUNDER)
おすすめ度
価格129,800円
CPUIntel Core i3-12100
GPUGeForce RTX 2060
メモリDDR4-2666 16GB
ストレージSSD:480GB NVMe
HDD:無
電源
ゲーミングパソコン(LIGHTNING THUNDER)の性能表

以下の記事で、RTX 3060を搭載したゲーミングPC・グラボを紹介しているので、安くて高性能な製品が欲しい方はぜひ確認してみてください。

RTX2060搭載おすすめゲーミングノートPC

MSIのPUBG日本代表推奨モデルのゲーミングノートPCであり、型落ちのRTX 2060とCore i7-9750Hが内蔵されています。

16GBメモリ・512GB SSDや、144HzのフルHD液晶モニターも搭載されているため、現行のゲームも問題なく遊べます。

ただし、価格は198,000円と割高なので、虹色に光る美しいキーボードにこだわりがない方は、RTX 3060搭載ゲーミングノートPCを選びましょう。

商品名GP65-9SE-067JP(MSI)
おすすめ度
価格198,000円
CPUIntel Core i7-9750H
GPUGeForce RTX 2060
メモリDDR4 16GB
ストレージSSD:512GB NVMe
HDD:無
駆動時間非公開
画面サイズ15.6インチ
リフレッシュレート144Hz
解像度フルHD(1920 × 1080)
重量2.33 kg
本体サイズ357 × 248 × 27 mm
GP65-9SE-067JP(MSI)の性能表

新品のゲーミングノートPCを安く手に入れたい方は、RTX 3060が搭載されているのにも関わらず、13万円台で買えるKatana-GF76-11UE-1802JPがおすすめです。

RTX 2060搭載グラボを販売しているおすすめメーカー

安くて高性能なRTX 3060が登場した関係で廃盤となりましたが、以下の3社のメーカーからRTX 2060搭載グラボが販売されています。

ここでは、各メーカーが販売するRTX 2060搭載グラボの特徴を詳しく解説します。

OCモデルが5万円未満で手に入るASUS

ASUSのRTX2060搭載グラフィックボードは、品薄状態になり値上がりしたものの、Amazon上で48,000円程度で購入できます。

低価格帯の製品でありながらオーバークロックに対応しているので、安くて処理性能に優れたグラボを求めている方におすすめです。

セミファンレス仕様で、55度未満になると冷却ファンが停止するので、静穏性に優れているのも魅力です。

RTX 2060(12GB)搭載グラボも販売している玄人志向

玄人志向のRTX 2060搭載グラボは、6GBモデルであれば4万円台から購入できるので、ASUSの製品と同様にコスパに優れています。

オーバークロックを行えるだけでなく、上位モデルはRTX 3060と同様に12GBのGPUメモリが搭載されているため、処理性能を重視する方におすすめです。

デザイン性に優れていて、色や輝度は変えられないものの、ファンの部分が白く光るのも魅力です。

優れた耐久性と静音性が魅力的なMSI

MSIのRTX 2060搭載グラボであるVD7626は、他のメーカーの製品に比べて高価なものの、優れた耐久性で定評があります。

冷却効率に優れた「トルクスファン 2.0」が搭載されている上に、ファン回転速度の調整も行えるため、静音性を重視する方におすすめです。

高速で画像データの転送を行える、Display Port1.4ポートが3つ搭載されていて、4画面出力に対応しているのもメリットです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次