バイトの面接で落ちる理由は○○だ!バイトの面接で落ちまくるあなたへコツを教えます

バイトの面接に合格するコツ

『バイトの面接で合格するには?』

「なんで私はバイトの面接に落ちるんだ」と悩んでいるあなたへ面接に合格するためのコツを教えます。

バイト面接の事前準備

バイト面接の準備
『そもそも、なぜバイトをしたいんですか?』

その“バイトをする目的”をハッキリさせることが、バイト面接に臨む準備段階だ。

『バイトの面接に受かること、そしてバイトをすることは“手段”であって、“目的”じゃない』

  • お金を稼ぐ
  • 就活でのアピールポイントにする
  • 交友関係を広げる
  • 彼氏・彼女を見つける

いろいろ目的はあるはずなんで、まずは目的をハッキリさせる為に3つの切り口で深掘りしていくぞ。

  1. 自分には何ができるのか?
  2. どんなバイトをしたいのか?
  3. バイト先が求めているものは何か?

あなたは何ができるか?

『自分にできること』という観点で、面接前に”自分の頭の中”を整理しておくことが非常に大事だ!

バイト経験の有無

例えば、コンビニやファーストフードでの接客バイトであれば

  • 『同じような職種』で働いていた経験があるかどうか?
  • 経験は無いが『人と接するのが好き』

もし、同業種での経験があれば即戦力として活躍出来ることが期待される。

逆に、経験が無い場合は『人と接するのが好き』とか『人と接するよりは裏方が好きだな』など“自分自身のできること”をイメージしておくことが重要だ。

働ける勤務時間について

『部活があるから、毎日バイトは行けない』とか『毎週水曜日はサークル活動があるからバイトは出来ない』など、人それぞれ働ける条件は異なる。

だからこそ、面接前に自分の働くことができる条件をあらかじめ把握しておく必要がある。

  • 働くことができる勤務時間帯は?
  • 週に何日働けるのか?
  • 土日、祝日は働けるのか?
  • 春休みや夏休みなどの長期連休でも働くことができるのか?

『週5日働けます!!』なんて言って、いざバイトが始まったら『週3日にして欲しいんですが…』なんてことになったら、目も当てられないぞ

雇う方も雇われる方も、Win-Win(双方が利益を得られる)の関係があればスグに合格できる

どんなバイトがしたいのか?

“自分の頭の中”が整理が完了したら、次に『どんなバイト』がしたいのかを決める!

時給は?

18歳未満の高校生の場合、バイトできる仕事の範囲が限られたり、深夜(午後10時以降)は働けないなど、制約条件があります。

だから、時給の幅はどのバイトでもどんぐりの背比べ状態となってます。

高校生の場合は、”時給”というより”仕事内容(職種)”で選んだ方がイイよ

大学生の場合は、選べるバイトの幅が広い為、高時給を追い求めることが可能!

職種は?

どういった職種のバイトがしたいのか?

  • 飲食(居酒屋、ファーストフードなど)
  • 販売(スーパー、コンビニなど)
  • レジャー(カラオケ、ゲームセンターなど)
  • 物流(引っ越し、仕分けなど)

世の中にはたくさんの職種がある中で、自分の興味がある仕事を選ぶことが“面接に受かる”ことへ繋がる

なぜなら、時給が高いから『興味の無い仕事を志望』している奴と『興味のある仕事を志望』している奴のモチベーションの差は歴然でしょ?

バイト先が求めているものは何か?

“自分の頭の中”が整理出来、どんなバイトがしたいか決まったら、最後にバイト先のニーズを探るんだ!

そもそも面接とは?

よく言われてることですが、採用面接っていわば『商談の場』なんですよ。

応募者側は、バイト先に対して『自分がどれだけ貢献ができるのか?』を売り込み、

採用側は、『売り込まれた商品を買うかどうか』を見定める場です。

だから、バイト先(採用側)のニーズに合っていないと採用される可能性はゼロです。

要らない商品を売りつけられたって、誰も買わないでしょ?

ニーズを知る方法

バイト先での場面
バイト先のニーズを知る方法は”非常に簡単”です。

  1. 求人内容を熟読(勤務条件などの制度面を把握)
  2. バイト先のホームページがある場合は、サイトでアルバイト求人のページを読む(採用したい人物像の把握)
  3. 実店舗に行ける場合は、実際に訪れてみて雰囲気を感じる(具体的な人物像の把握)

以上の3項目を実行するだけで、バイト先が求めている人物像のイメージが掴めてくるハズです。

ニーズが掴めたら、ニーズと合致するように合わせていけばいいし、『自分には合わないな』と思えば違うバイト先を探すのもアリだな

バイト面接の事前準備まとめ
  • 自分に出来ること(スキル、勤務条件など)を整理する
  • 自分が興味のあるバイト職種を選ぶ
  • バイト先のニーズを調べ、ニーズに合わせにいく多少の演出も必要

バイト面接のマナー

事前準備が終わったら、次に”バイト面接のマナー”について確認だ!

チェック項目のリストを見て、自分が”NGな奴”になっていないか今一度確認すべし

チェック項目
面接準備事前準備あり事前準備一切なし
応募書類志望動機・自己PRが明確志望動機が"家から近い"など働く動機付けが弱い
面接態度予定時刻5分前に訪問、礼儀正しい受け答えが出来る、明るい表情予定時刻ギリギリの訪問、立場をわきまえず投げやりな態度、暗い表情
面接応対応対内容に矛盾が無く信頼出来る応対内容が場当たり的で信用出来ない

チェック項目の確認が終わったら、次に面接時の理想の服装について伝えるぞ!

面接時の見た目について

バイト面接の注意点
『面接は見た目で9割決まります』

提出書類や面接の受け答えが『言語コミュニケーション』なのに対して、見た目の印象は『非言語コミュニケーション』だ。

いくら履歴書や面接の受け答えでつくろったところで、見た目で与える印象が“非常に重要”なんだと肝に命じること!!

バイト面接時の髪型

  • (男性編)前髪が額に掛からないような髪型、基本は”短髪”が望ましい
  • (女性編)顔に髪が掛からないように、長ければまとめてスッキリした印象にすることが望ましい

バイト面接時の髪色

  • (共通)基本は”黒色”、明るすぎる髪色はマイナスイメージを与えかねないので、面接時には控えるべき

バイト面接時の服装

  • (共通)高校生の場合は、”制服”が最適、それ以外はバイト先によって合わせる
  • (共通)塾講師やホテル受付など、”スーツ”が望ましいなどTPO(時と場所と場合)に合わせて選択

バイト面接時の靴

  • (男性編)キレイめな革靴かスニーカー
  • (女性編)キレイめな革靴かパンプス、スニーカー

バイト面接時の持ち物

  • (共通)筆記用具、履歴書などが入るバックを持参すること、決して手ぶらで面接に行くことがないように!

バイト面接のマナーのまとめ

面接の合否について
本番の面接で好印象を得ることが出来れば100%受かることが出来るだろう!!

但し、”見た目で決まる”からといって面接の事前準備をおこたらずに、万全の体制作りを行うんだ

さいごに

ここまで書いた内容を実行して、みなさんがバイト面接に合格することを陰ながら応援しております。

参考書籍

以上

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です