Amazon利用者必見!お得な買い方11選

AppStoreで配信停止になったアプリを復元する方法|AnyTrans7.0.0があればアプリ管理が簡単にできちゃいます

AnyTrans7.0.0レビュー

「お気に入りのアプリがAppStoreで配信停止になっちゃった」

こんな経験をしたことありますよね?

iPhoneの端末にアプリが残っていれば使えます。

でも、アプリを削除してしまっていたら今後一切使用することが出来なくなっちゃうんですよ。

そんなときに「AnyTrans7.0.0」を使ってアプリ管理をしていれば、配信停止のアプリでも復元することができるのでメチャクチャ便利ですよ。

あてはまる方は必見
  1. 配信停止になったら困るアプリがある
  2. アプリのバックアップを取りたい
  3. iPhoneのアプリ管理をパソコンで行いたい
補足説明

iTunes 12.7からは、iTunesからApp Store機能が削除されてます。

だから、「iTunes」では、MacやWindowsなどのパソコンを使用してiOSアプリをダウンロード、管理することができないんです。

AppStoreで配信停止になったアプリを復元する方法

まずは、「AnyTrans7.0.0」をインストールしてください。

AnyTransのくわしいインストール方法は下の記事を参考にしてみてください。

ただし、下の注意事項にも書いていますが配信停止になる前にライブラリへの登録が必要です。

注意事項

アプリが配信停止になる前に、あらかじめAnyTrans7.0.0でAppライブラリに登録しておく必要があります。

STEP.1
AnyTransを開く

AnyTrans管理画面1

AnyTransを開いたら、上部にある「デバイス管理」をクリックしてください

STEP.2
Appダウンロードを選択

AnyTrans管理画面2

「デバイス管理」をクリックすると表示されるメニューにある「Appダウンロード」をクリックします

STEP.3
アプリをダウンロードする

AnyTrans管理画面3

あなたがパソコンに保存しておきたいアプリをAppStoreからダウンロードします

AnyTrans管理画面4

補足説明

あなたが普段つかっているAppleIDでサインインしてダウンロードしてください

STEP.4
アプリをライブラリへ登録する

AnyTrans管理画面5

あなたが保存しておきたいアプリを検索し「↓」ボタンをクリックすれば自動でライブラリに保存されます

STEP.5
これで配信停止されても心配いりません!

AnyTrans管理画面6

ライブラリにアプリが登録されたら、「インストール」を実施します

これで、たとえアプリが配信停止されちゃっても、いつでも復元することが可能になるんです。

まとめ

AppStoreで配信停止になってしまった場合は復元できません。

しかし、事前にアプリを保存しておけば復元できます。

iTunesではアプリの保存ができませんので、サードパーティ製ソフトを使用してアプリ管理することをオススメします。

AnyTrans7.0.0」なら無料でお試しできるので、一度使ってみてはどうでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です