アマゾンでお得に買い物する方法10選はこちら

交通量調査バイトの口コミ・評判|日給2万円がラクに稼げるコスパ最強のバイト

交通量調査のバイト_アイキャッチ

この記事では、「交通量調査バイトの口コミ・評判」を紹介します!

「パイプ椅子に座って、行き交う車の数を数える」

たったこれだけで、2万円を超える日当が貰えるバイトが交通量調査です。

交通量調査の詳しい仕事内容や口コミ・評判をまとめましたので、参考にしてみてください。

交通量調査のバイトはこんな方におすすめ
  • 汗水たらす肉体労働はしたくない
  • 人とのコミュニケーションが面倒くさい
  • 高時給で楽な仕事で稼ぎたい

交通量調査のバイトがしたいなら「短期バイト求人サイト」で探すのが一番簡単で早いです。

交通量調査のバイトは、常時募集していません。

だからこそ、短期バイト求人サイトに登録して探さないとなかなか見つけられないんです。

目次

交通量調査バイトの仕事内容

交通調査の仕事内容
交通調査の仕事内容

交通量調査の仕事内容は以下のようになります。

  • 指定された区域を通る車を数える
  • 数える車は車種ごとに5つに分けられる(乗用車・バス・小型貨物車・大型貨物車・二輪)
  • 12時間勤務が一般的で、2〜3時間働いて1時間の休憩を繰り返す

難しい作業や高度なスキルは一切不要、誰でも簡単にできるのが交通量調査の仕事内容になります。

ただし、服装に関しては禁止事項があるので注意が必要です。

派手・目立つ服装は禁止されています。
例)ダメージジーンズやハーフパンツ、サンダルなど

交通量調査バイトのメリット

仕事内容がメッチャ簡単なのに日給が高い

仕事内容は簡単なのに、働いたその日に2万円の日給を手にすることができます。

車を数えるという仕事内容に対して貰える給料が高いので、交通量調査はコスパが良いバイトです。

対人関係のストレスがない

罵声ばせいが飛び交う体育会系バイト」

「嫌な客にもペコペコしなくちゃいけない接客バイト」

1日だけの単発バイトでも、対人関係のストレスが溜まる仕事はたくさんあります。

しかし、交通量調査のバイトは対人関係のストレスが一切ありません。

12時間の労働時間中に、誰かと一切会話をすることなく仕事を終えることも可能です。

嫌な上司や先輩もいないし、理不尽な客もいません。

交通量調査のバイトは、コミュニケーション能力を必要としないので気楽に仕事をすることができます。

交通量調査バイトのデメリット

夏は暑くて冬は寒い

交通量の調査は、ガッツリ外仕事です。

空調の効いた快適な室内に比べて、かなりハードな環境になります。

夏は暑いし、冬は寒い、雨や強風が吹いても耐え忍ぶしかありません。

交通量調査のバイトは、仕事内容が単純でラクなんですが「屋外で働く」っていう点が一番のデメリットですね。

拘束時間が長い

交通量調査は拘束時間がメッチャ長いです。

交通量調査の現場にもよりますが、仕事開始の1時間前に集合することもザラにあります。

そして、基本的には12時間労働(休憩4時間)なので、サクッと稼いでサクッと帰りたいって人には合わないバイトです。

交通量調査バイトの口コミ・評判まとめ

実際に交通量調査のバイトを経験したことがある方の口コミ・評判をまとめました。

交通量調査バイトの良い評判

音ゲー感覚で楽しい

一番ラクなバイト

交通量調査バイトの悪い評判

寒い冬や暑い夏はツライ

仕事はラクだけど防寒対策が必要

交通量調査の敵は天候

交通量調査の悪い口コミ・評判を調べましたが、ほとんどが「暑い・寒い」といった内容です。

暑さ対策・寒さ対策をしっかりと準備すれば楽勝なバイトと言えるでしょう。

交通量調査のバイトで気になる質問まとめ

そもそも交通量調査は何のためにやってるの?

交通量の確認を行って、道路の計画・建設・維持・修繕などを管理する基礎データとして役立てるのが目的

交通量調査の詳しい内容は、国土交通省が発行している文書に記載されていますので興味がある方は見てみてください。

一般交通量調査について(国土交通省)

なぜ高い日給が貰えるのか?

確実に人員を確保するために高めの日給が設定されています

交通量調査のバイトは、必要なときに突発で募集が掛かります。

突発のバイトなので日給が安い場合、最悪人員が集まらない可能性があります。

だから、確実に交通量調査が行えるように高めの日給が設定されているんです。

トイレに行きたい場合はどうすればいいのか?

基本的には休憩時間を利用してトイレに行く

「今すぐトイレに行かないと大変なことになる」って場合は、巡回している現場責任者に連絡して一時的に交代してもらうことは可能。

しかし、あまり良い顔はされないので、基本的には休憩時間を利用してトイレに行っておくのがベターです。

交通量調査のバイトをしたいがどこから求人を探せばいいのか?

求人数が少なく人気が高いバイトなので、短期・単発専門のバイト求人サイトで探すのが効率的

交通量調査のバイトは、求人数が限られています。

コンビニやファミレスと違って、交通量の調査が必要なときに必要な場所でしか求人が出されません。

だから、求人募集が開始したらスグに募集人数が集まってしまうぐらいの人気バイトになります。

「交通量調査のバイトをやってみたいな」って方は、交通量調査のバイト案件が多く掲載されている短期・単発バイトで探してみてください。

そもそも交通量調査は何のためにやってるの?

交通量の確認を行って、道路の計画・建設・維持・修繕などを管理する基礎データとして役立てるのが目的

交通量調査の詳しい内容は、国土交通省が発行している文書に記載されていますので興味がある方は見てみてください。

交通量調査のバイト探しは短期専門のバイト求人サイトがおすすめ

交通量調査のバイトは、通年募集はしていません。

突発案件なので一般のバイト求人サイトよりも短期バイト専門のバイト求人サイトで探すのがおすすめです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次