アマゾンの裏技!お得な買い方13選

ラグがない超快適なおすすめゲーミングルーター4選!導入効果を動画で徹底比較

対戦型のオンラインゲームで一番大切なものは「ネット回線の安定性」です!

  • 神がかったエイム操作ができても・・
  • 戦況にハマった立ち回りができても・・
  • 世界に通用するスキルがあったとしても・・

どんなに上手なプロゲーマーでも「めちゃくちゃ粗悪なネット環境」だと100%勝てません。

瞬時の判断が必要なFPSやバトロワ系のゲームなら、なおさらラグが少ない環境が必要です。

ラグい環境での負け

ラグい環境での負け

  • 「あっ!ラグいんだけど」
  • 「気付いたら死んでたわ・・」

もう、そんなムカつく敗北は絶対にさせません!

たくさんのゲーミングルーターを実際に試した私が「ラグがない超快適なゲーム環境におすすめのルーター」を紹介します。

保有するゲーミングルーター

保有するゲーミングルーター

そもそもネット回線自体が遅いって方は、ルーターよりも回線を変更するのが一番手っ取り早い解決策です。

NURO 光」や「auひかり」などの超高速ネット回線へ移行するだけで爆速の快適なゲーム環境が手に入ります!

高性能なゲーミングルーターを買うまえに確認することは2つ

高性能なルーターは非常に高いです・・。

だから、失敗しないために事前につぎの2つの項目を確認しておきましょう。

自宅のネット回線がショボくないか?

まずは、大前提として自宅のネット回線は最低限「光回線」を契約してください!

たとえば、下の表を見ると他のプロバイダーに比べてソフトバンクエアーの通信速度は劇的に遅いですよね?

通信速度とPing値の比較

通信速度とPing値の比較

自宅のネット回線がショボいと、どんなルーターを用意しても無駄足になります・・・。

ちなみに、Ping値ごとの体感値は以下のようになっています。

Ping値ごとの体感値

Ping値ごとの体感値

ソフトバンクエアーは、平均Ping値が66.5msなので、かなりイライラする回線です。

だから、ソフトバンクエアーを契約している方が「ラグのない快適なネット環境」を求めて高性能なルーターを購入しても意味がありません!

性能の良いルーターを検討するよりも「回線の乗り換え」を検討するべきです。

保有するゲーミングルーター

保有するゲーミングルーター

わたしは今まで多くの高性能ルーターを購入してきましたが・・・

高額な高性能ルーターを使っても、自宅のネット環境以上の性能は発揮できないんです。

だから「NURO 光」や「auひかり」などの超高速ネット回線の導入を検討してみてください!

有線で接続することは可能か?

自宅のネット回線とあわせて確認する項目は「有線接続は可能かどうか?」になります。

有線接続は最強です!

有線接続は最強です!

正直、有線接続できる環境があれば高性能なルーターを購入する必要はありません!

そのぐらい有線接続すると通信環境の改善に効果バツグンです。

  • 「有線接続に変更しただけでラグが低減した」
  • 「有線接続にしたら通信速度が爆速になった」

下のグラフは、私が実際に有線接続と無線接続を比較した結果になります。

測定条件
  • 使用したルーター:ASUS GT-AX11000
  • 測定した機器は、PC・PS5・ニンテンドースイッチの3機種
  • 接続方法は、有線・無線(5GHz)・無線(2GHz)の3パターン
通信速度比較(有線vs無線)

通信速度比較(有線vs無線)

有線接続すると、無線接続を圧倒するレベルで通信速度が爆速になります。

Ping値比較(有線vs無線)

Ping値比較(有線vs無線)

ラグの指標となるPing値も有線接続の方が劇的に小さくなっています。

Ping値とは?
  • 通信にかかる時間を表す数値
  • Ping値が大きいとラグが大きい
  • Ping値が小さいとラグが小さい
「グラフじゃよく分からん!」って方は、動画でも解説してるので参考に見てみてください!

\この動画でくわしく紹介しています/

ラグがない超快適なおすすめゲーミングルーター4選

有線接続が難しい方向けに「ラグがない超快適なゲーム環境におすすめのルーター」を厳選して紹介します。

通信速度やPing値は以下の条件で測定しています。

測定条件
  • 通信速度はゲーム機の設定である「インターネット診断」を使用
  • Ping値については「フォートナイト」をプレイ時に表示される値の平均値を算出

エイスース【ASUS】ROG Rapture GT-AX11000

ASUS GT-AX11000

ASUS GT-AX11000

ASUS GT-AX11000の特徴
  • 5GHz帯で最大4804Mbpsの超高速通信が可能
  • ゲーム通信を加速させる「GameFirst V/ゲーミングLANポート」「ゲームブースト」「wtfast®」の3つの機能を搭載
  • 【利用環境の目安】広さ:戸建て 3階建/マンション4LDK〜、接続台数:36台

PS5を5.0GHzで無線接続したときの通信速度とPing値

PS5に5.0GHzで無線接続したときの測定結果です。

PS5を5.0GHzで無線接続したときの通信速度とPing値

PS5を5.0GHzで無線接続したときの通信速度とPing値

通信速度はダウンロードで286Mbps、Ping値は20.5msとほぼほぼ快適にゲームがプレイ可能!

PS5に有線接続したときの通信速度とPing値

PS5に有線接続したときの測定結果です。

PS5に有線接続したときの通信速度とPing値

PS5に有線接続したときの通信速度とPing値

無線接続の測定結果と比較してみると、通信速度についてはあきらかに数値が変化していますよね?

とはいえ、ラグの指標であるPing値はあんまり変化がないのが驚きでした。

ニンテンドースイッチを5.0GHzで無線接続したときの通信速度とPing値

スイッチに5.0GHzで無線接続したときの測定結果です。

スイッチを5.0GHzで無線接続したときの通信速度とPing値

スイッチを5.0GHzで無線接続したときの通信速度とPing値

同一のネット回線で接続しているのですが、PS5と比較すると圧倒的に通信速度とPing値が悪化しています。

ゲーム機の性能によっても通信速度やPing値が変化しますね!

ニンテンドースイッチに有線接続したときの通信速度とPing値

スイッチに有線接続したときの測定結果です。

スイッチに有線接続したときの通信速度とPing値

スイッチに有線接続したときの通信速度とPing値

ニンテンドースイッチに関しては、有線接続と無線接続での有意差があまり感じられなかった。

PCに有線接続したときの通信速度とPing値

PCに有線接続したときの測定結果です。

PCに有線接続したときの通信速度とPing値

PCに有線接続したときの通信速度とPing値

通信速度、Ping値ともに最高レベルの結果となりました!

やはり、快適なゲーム環境を構築するためには有線接続することが非常に大切ですね。

\動画でも紹介しています/

TP-Link Archer AX11000

Archer AX11000

Archer AX11000

Archer AX11000の特徴
  • 5GHz帯×2と2.4GHz帯×1のトライバンドに対応
  • 1.8 GHzクアッドコアCPUと1GBのRAMが膨大なスループットを処理し、ゲームのプレイ中に生じるラグを低減
  • 【利用環境の目安】広さ:戸建て 3階建/マンション4LDK〜、接続台数:120台

PS5を5.0GHzで無線接続したときの通信速度とPing値

PS5に5.0GHzで無線接続したときの測定結果です。

PS5を5.0GHzで無線接続したときの通信速度とPing値

PS5を5.0GHzで無線接続したときの通信速度とPing値

ASUSの「GT-AX11000」と比較すると、実測した結果はお取りますね。

とはいえ、一般的なルーターと比較すると圧倒的な通信速度が測定できました。

ニンテンドースイッチを5.0GHzで無線接続したときの通信速度とPing値

スイッチに5.0GHzで無線接続したときの測定結果です。

スイッチを5.0GHzで無線接続したときの通信速度とPing値

スイッチを5.0GHzで無線接続したときの通信速度とPing値

ニンテンドースイッチに関しても、ASUSの「GT-AX11000」と同様レベルで使用可能!

とはいえ、測定値はバラツキが必ずありますので参考値として考えてください。

\動画でも紹介しています/

エイスース【ASUS】TUF-AX5400

ASUS TUF-AX5400

ASUS TUF-AX5400

ASUS TUF-AX5400の特徴
  • WiFi 6 (802.11ax) 対応 デュアルバンド ゲーミングWi-Fi無線ルーター
  • 複数のWi-Fiルーターを繋ぎ合わせて、隅々まで広い通信範囲を提供するメッシュネットワークシステムAiMeshに対応
  • 【利用環境の目安】広さ:戸建て 3階建/マンション4LDK〜、接続台数:70台

ゲーミングに特化した機能としては、つぎの2つの機能を搭載しています。

  • ゲーミングLANポート
  • ゲーミングブースト

ゲーミングLANポートは、ゲームの通信を優先処理することにより快適なゲームプレイが可能。

ゲームブーストも上記の「ゲーミングLANポート」と同様にゲーム関連のパケットを優先させる機能。

ASUSのWi-Fiルーターに搭載されている「Adaptive QoS」と連携していて、ゲームの通信を優先するよう設定される。

TP-Link Archer GX90

TP-Link ArcherGX90

TP-Link ArcherGX90

TP-Link ArcherGX90の特徴
  • トライバンドに対応し、最大速度4.8Gbpsの超高速通信が可能
  • 1.5GHzクアッドコアCPUが最適なネットワーク パフォーマンスを実現
  • 【利用環境の目安】広さ:戸建て 3階建/マンション4LDK〜、接続台数:100台

PS5を5.0GHzで無線接続したときの通信速度とPing値

PS5に5.0GHzで無線接続したときの測定結果です。

自宅にあった5000円ぐらいの一般的なルーターと通信速度とPing値を比較してみました。

PS5を5.0GHzで無線接続したときの通信速度

PS5を5.0GHzで無線接続したときの通信速度

さすがに高額な値段のゲーミングルーターなので、5000円のルーターと比較すると衝撃的な通信速度でした。

そして、ラグさの指標であるPing値もしっかり低減していました。

PS5を5.0GHzで無線接続したときのPing値

PS5を5.0GHzで無線接続したときのPing値

スイッチを5.0GHzで無線接続したときの通信速度とPing値

スイッチに5.0GHzで無線接続したときの測定結果です。

自宅にあった5000円ぐらいの一般的なルーターと通信速度とPing値を比較してみました。

スイッチを5.0GHzで無線接続したときの通信速度

スイッチを5.0GHzで無線接続したときの通信速度

PS5のときと同様に、5000円のルーターと比較すると圧倒的な通信速度。

しかし、Ping値に関しては有意差を感じることはできませんでした。

スイッチを5.0GHzで無線接続したときのPing値

スイッチを5.0GHzで無線接続したときのPing値

ニンテンドースイッチをプレイする「スイッチ勢」の方は、ゲーム機を変更するのもラグ改善に役立つ手段かもしれませんね!

\動画でも紹介しています/

ゲーミングルーターを選ぶ際のよくある質問について

ゲーミングルーターを選ぶ際によくある質問をまとめました。

ゲーミングルーターと一般的なルーターの違いは?

ゲーミングルーターはゲーミング機能に特化したルーターです。

一般的なルーターと比較すると「オンラインゲームを快適にする機能」を多く搭載しています。

ゲームの通信を優先して処理する「ゲームブース機能」や高性能なCPUを搭載しているので、高速な通信処理が可能。

有線接続の場合はゲーミングルーターと一般的なルーターで違いはあるのか?

イーサネット規格が同じであれば違いはありません!

下の表がイーサネットの通信規格になります。

規格転送レート信号帯域幅対応ケーブル
100BASE-TX100Mbps31.25MHzCAT.5
1000BASE-T1Gbps62.5MHzCAT.5
2.5GBASE-T2.5Gbps100MHzCAT.5e
5GBASE-T5Gbps200MHzCAT.6

有線接続した場合は規格に応じた性能で通信をします。

だから、WAN/LANポートの規格が同じであればゲーミングルーターだろうが、一般的なルーターだろうが、特に変わりはありません。

ラグがない超快適なおすすめゲーミングルーターまとめ

本記事では「ラグがない超快適なおすすめゲーミングルーター」を厳選して紹介しました。

  • 「ラグが頻繁に発生してツラい」
  • 「ネット回線のせいでオンライン対戦で負ける」

って方は「高性能なゲーミングルーターを買うまえに確認することは2つ」の内容をまずは確認してみてください!

有線LANケーブルで接続して、ネット回線を「NURO 光」や「auひかり」などの超高速ネット回線を導入すれば、ほぼほぼラグのない快適なゲーム環境が手に入ります!

だから、どうしても無線で接続するしかないって方が検討するのが「ゲーミングルーター」です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です