Amazon利用者必見!お得な買い方11選

【レビュー】オーディンスフィア レイヴスラシルの感想・評価|横スクロール2DアクションRPGの最高峰ゲー

オーディンスフィアレイヴスラシルのレビュー記事

この記事では、「オーディンスフィア レイヴスラシル」をプレイした感想を紹介します!

「朧村正」「ドラゴンズクラウン」と聞いてピンときた方は、間違いなくプレイ必須なゲームです。

そして、「オーディンスフィア レイヴスラシル」は、「温かみのあるグラフィック」「重厚なストーリー」「爽快なアクション」が売りの2DアクションPRGです。

ゴリゴリの3DグラフィックRPGゲームに疲れ気味のあなたを必ず癒やしてくれますよ。

オーディンスフィア レイヴスラシルのゲームシステム

古き良き横スクロールの2DアクションRPG

古き良き2DアクションRPG

古き良き2DアクションRPG

「オーディンスフィア レイヴスラシル」は、どこか懐かしさを感じる2DアクションRPGです。

ワラワラと沸いてくる敵とのバトルやアイテム収集もすべて2Dマップ上で行われます。

ゴリゴリの3Dマップに慣れている私は「なんか古びたゲームシステムだけど面白いのか?」と正直甘くみていました。

絵本のようなグラフィックがステキ

絵本のようなグラフィックがステキ

でも、安心してください!

夢中になりすぎて、「休日の朝からゲームを始めて気付いたら夕方になっていた」ってぐらいにはハマれますよ。

3つのステージで構成されるマップ

「オーディンスフィア レイヴスラシル」のステージ構成

「オーディンスフィア レイヴスラシル」のステージ構成

オーディンスフィア レイヴスラシルのダンジョン構成は非常にシンプルです。

  • アイテム収集がメインの「フリーステージ」
  • バトルがメインの「バトルステージ」
  • ホッと一息つける「レストステージ」

しかし、3つの要素が組み合わさっているので、「ひたすら一本道ルートを進めていく」ってことはありません。

アイテム収集に目もくれずひたすら最短ルートでボス攻略をしてもいいし、ダンジョンの隅々まで探索して攻略してもいいんです。

「どうやってダンジョン攻略をするか?」すべてはあなた次第です。

特色の異なる5人の主人公がフルボイスでプレイ可能

5人の主人公はすべてフルボイス対応

5人の主人公はすべてフルボイス対応

「オーディンスフィア レイヴスラシル」には、5人の主人公が存在します。

5つの物語ごとにそれぞれ操作できる主人公キャラが異なります。

  • 第一の物語「ワルキューレ」(グウェンドリン)
  • 第二の物語「呪われ王子の冒険」(コーネリウス)
  • 第三の物語「妖精の国の物語」(メルセデス)
  • 第四の物語「死と闇黒の剣」(オズワルド)
  • 第五の物語「運命とともに」(ベルベット)

そして、一番の魅力は物語の作り込みです。

主人公ごとのストーリーがそれぞれ交錯し絡み合っているので、5人それぞれのストーリーがひとつの大きな物語へと繋がっていくんです。

スキルや装備でキャラ強化が可能

「オーディンスフィア レイヴスラシル」は、爽快なアクションが魅力です。

でも、「装備」や「スキル」「アビリティ」のようなRPG要素が上手く組み込まれています。

装備でキャラ強化

装備でキャラ強化

ダンジョン内の宝箱や商人から「強力な装備」を入手することにより、冒険がスムーズに進められます。

スキルでキャラ強化

スキルでキャラ強化

アビリティでキャラ強化

アビリティでキャラ強化

また、主人公ごとに特色の異なる「スキル」や「アビリティ」を習得していくことができます。

習得したスキルにもレベルの概念があるので、「1つのスキルをMAXレベルまで育て上げる」「幅広く色々なスキルを習得していく」などプレイヤーの好みでキャラクターを成長させていくことができます。

クリア後のやりこみ要素が豊富に用意されている

ゲーム本編とクリア後のやりこみ要素を含めると、骨の髄までしゃぶり尽くせるぐらいのゲームボリュームがあります。

オーディンスフィアレイヴスラシルのやりこみ要素

オーディンスフィアレイヴスラシルのやりこみ要素(参考:公式HP

クリア後の要素
  • メチャムズ難易度「HELL」の追加
  • 強くてニューゲーム「XTRA NEW GAME」の追加
  • 中ボス・大ボスとの連戦バトル「渦巻く世界の狭間」の追加
  • 真の終焉(トゥルーエンド)クリアで全てのストーリーをシアター上映可能

ゲーム本編をクリアした後も、余韻に浸りながら「オーディンスフィアレイヴスラシルの世界」を堪能することができるんです。

実際にプレイしてみて感じた「オーディンスフィア レイヴスラシル」の魅力

5人の主人公が織りなす没入感の高い重厚なシナリオにハマる

些細な会話にも伏線が張られています

些細な会話にも伏線が張られています

重厚なシナリオは、5人の主人公がそれぞれの視点で描かれる「世界終焉の物語」によって作られています。

物語の舞台は同じ世界なので、変わりません。

しかし、5人の異なる視点でプレイすることにより、登場人物たちのバックボーンが明らかになり物語の深みが増していくんです。

いくつもの伏線が張られ、裏切りや嫉妬・恋愛など、ストーリーが気になって休日の朝から夜までぶっ続けでゲームをプレイしちゃうほどです。

登場人物たちの意外な過去

登場人物たちの意外な過去

オーディンスフィア レイヴスラシルは、単純なアクションゲームの面白さを求めてる方には向きません。

しかし、「絵本の中に入り込んだような世界観」「5人の主人公視点での世界終焉物語」といったストーリーに没入できればメチャクチャハマります。

爽快感抜群の「2DアクションRPG」の最高峰ゲー

爽快なアクションが気持ちいい

爽快なアクションが気持ちいい

実際にプレイしてみたら感じますが、「アクションは中毒性があって面白い」です。

主人公ごとにスキルや武器が異なるので、純粋にアクションのバリエーションがたくさんあります。

Chainを繋げていくのも楽しい

Chainを繋げていくのも楽しい

そして、敵からのダメージを受けずに連続攻撃を当て続けると、chain数が増えていきます。

chain数が200〜300を超えるころには、脳内がトランス状態になってメッチャ爽快で気持ち良いんですよ。

3種類の難易度から選べるのでアクション初心者でも安心

3種類の難易度から選択することができる

3種類の難易度から選択することができる

アクションは苦手だから、ちょっと心配・・

なんて方にも安心してプレイできるように、好みの難易度を選ぶことができちゃいます。

3種類の難易度から選択できます
  • Sweet(スウィート):気楽に先へ進みたい!とにかく暴れ回りたい!そんな方にオススメ
  • Normal(ノーマル):アクションが得意な人から苦手な人まで、幅広く楽しめる手頃な難易度
  • Expert(エキスパート):知識や技術はもちろん、決して折れぬ強い心をも要求する高い難易度

難易度を、Sweet(スウィート)にすれば「□ボタン」を連打してるだけでもクリアできちゃいますよ。

そして、アクション好きの方にも満足できるように高難易度の「Expert(エキスパート)」「HELL(ヘル)」も選ぶことができます。

補足情報

HELL(ヘル)難易度は、ストーリークリア後のやりこみ要素として選択が可能

実際にプレイしてみて感じた「オーディンスフィア レイヴスラシル」の気になる点

周回プレイがあるので好き嫌いが分かれる

オーディンスフィア レイヴスラシルは、5人の主人公ごとにストーリーが展開されます。

しかし、冒険するステージ構成ボスキャラはほとんど同じです。

だから、主人公5人分のシナリオをクリアするには、周回プレイを5周分クリアしなくてはいけません。

補足情報

主人公ひとりあたり、約5〜8時間程度でクリアできるボリュームになっています。

グウェンドリン編のクリア時間

グウェンドリン編のクリア時間

私の場合は、主人公ごとに異なるストーリーにハマっていたので、そこまでマンネリ化はしてません。

でも、周回プレイが苦手な方には苦痛に感じるかもしれませんね。

オーディンスフィア レイヴスラシルの感想・評価まとめ

「横スクロールの2DアクションRPG」って聞くと、古臭い感じがしますよね?

私がプレイしているのを奥さんが横目でチラ見しながら「なに?昔のゲーム?」と言われましたからね。

でも、実際にプレイしてみると

  • 5人の主人公ごとに深いストーリーが展開される
  • 爽快なアクションで敵を蹴散らす
  • アクションにRPG要素が上手く融合されている

といったように結構ハマります。

重厚なストーリー性のある爽快アクションRPGをプレイしたい方にはピッタリのゲームですよ。

是非とも一度体験してみてください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です