アマゾンの裏技!お得な買い方13選

【レビュー】ロジクール G PRO WIRELESSの感想・評判|左手でも使える80gの超軽量ワイヤレスゲーミングマウス

RRO WIRELESS_アイキャッチ-2

この記事では、ロジクールのゲーミングマウス「PRO WIRELESS」を紹介します!

「50人のプロゲーマーとロジクールが2年の歳月を費やして製作した最高のゲーミングマウス」

それが、「PRO WIRELESS」です。

そして、全世界のプロゲーマーたちから圧倒的な支持を受けています。

MEMO
  • 全世界のプロゲーマー・ストリーマー(フォートナイト、R6S、PUBGなど)での使用率No1ゲーミングマウス
  • ちなみに、調査対象は1500人を超えるプロゲーマー・ストリーマー(動画配信者)

参考:https://prosettings.net/

プロゲーマーがプロゲーマーのために作ったマウスだからこそ、絶大なる人気を誇っているんです。

多少、値段が高くても

  • とにかく軽いゲーミングマウスが欲しい
  • 左利きでも使えるゲーミングマウスを探している
  • FPSでぶっちぎりの勝利を勝ち取りたい

って方は、ドンピシャで気に入るゲーミングマウスになります。

素人ゲーマーの私でさえ、PRO WIRELESSを使ってみたら

うはっ!マジで負ける気がしねぇ!

と、気持ちだけはプロゲーマーになっちゃいましたよ。

実際に使ってみた使用感をレビューしていきますので、勝利にこだわる方は是非とも参考にしてみてください!

MEMO

メーカー様より商品を提供して頂き、レビュー記事を作成しております。

ロジクール G PRO WIRELESSゲーミングマウスの外観

PRO WIRELESSは「超シンプルな見た目」になります。

多ボタンのゲーミングマウスにありがちなゴツゴツ感は一切なし。

マウス外観

マウス外観

初めて見たときは、左サイドボタンが小さめなので「クリックしにくいかな?」と感じました。

でも、クリックストロークが浅いので、スムーズなクリック操作が可能。

マウス外観(左側面)

マウス外観(左側面)

そして、左右対称マウスなので右側もまったく同じボタン配置になっています。

MEMO
  • デフォルトは「ボタンカバー」が取り付けられているのでクリック不可
  • ワンタッチで「サイドボタン」に交換可能
マウス外観(右側面)

マウス外観(右側面)

マウス上部は「卵のような丸っこい形状」なので、つかみ持ちをするなら絶大なる持ちやすさを発揮します。

マウス外観(上部)

マウス外観(上部)

マウスホイールは、表面が細かい溝形状になっています。

だから、「ホイールボタンを押すとき」や「スクロールさせるとき」でも滑りにくいです。

マウス外観(マウスホイール拡大部)

マウス外観(マウスホイール拡大部)

あと、ホイール操作で驚いたのが「クリック感」「静音性」です。

私が普段使っている「G502WL」のホイール操作は

  • スクロールさせるときはゴリゴリ
  • ホイールクリックするときはゴンッゴンッ

でも、「PRO WIRELESS」のホイール操作は

  • スクロールさせるときはススッススッ
  • ホイールクリックするときはポチッポチッ

って感じ。

普段使ってるG502WLとPRO WIRELESS

普段使ってるG502WLとPRO WIRELESS

「PRO WIRELESS」を後ろから見ると、キレイに左右対称になっているのが分かりますね。

マウス外観(下部)

マウス外観(下部)

マウス裏面には「DPI切り替えボタン」「電源ボタン」が付いています。

DPI切り替えボタンでは、デバイス設定ソフト「GHub」で設定した5つのDPIを切り替えできます。

MEMO
  • デフォルトのDPI設定は、400/800/1600/3200/6400
  • 設定できるDPIの最小値は「100」、最大値は「16000」
マウス外観(背面とソール)

マウス外観(背面とソール)

ソールは、左右対称マウスなので均等引っ掛かりもなく

ロジクールのマウスパッド「G440」で滑られせるとツルッツルでした。

ソールの滑りは最高にツルツル

ソールの滑りは最高にツルツル

あと、持ち運びに便利な機能が「レシーバー収納スペース搭載」になります。

裏面のフタはマグネットで取り外し可能

裏面のフタはマグネットで取り外し可能

マウス裏面のフタはマグネット式になってるので取り外し可能。

フタを外すと、レシーバーがスッポリと収納できるスペースがあるので持ち運びに便利ですよね。

裏面にUSBレシーバーが収納できる

裏面にUSBレシーバーが収納できる

ロジクール G PRO WIRELESSゲーミングマウスの同梱物

「PRO WIRELESS」に同梱されている内容物は以下になります。

PRO WIRELESSの同梱物

PRO WIRELESSの同梱物

PRO WIRELESSの同梱物
  • PRO WIRELESSゲーミングマウス本体
  • USBケーブル(Type-Aとmicro-B)
  • サイドボタン/ボタンカバー(交換用)
  • レシーバー延長アダプター
  • LIGHTSPEEDワイヤレスレシーバー
  • 取扱説明/保証書/ステッカー

同梱物を開封して気付いたのが「ユーザーに配慮したUSBケーブルの形状」です。

USBケーブル

USBケーブル

USBケーブルってマウスの充電で頻繁に使うんですが、毎回ハマる場所を探しながら接続するのが面倒くさい。

でも、PRO WIRELESSのUSBケーブルは形状が特殊でした。

拡大したUSBケーブルの接続部

拡大したUSBケーブルの接続部

だから、マウス本体の溝にスポっとハマれば接続できちゃいます。

USBケーブルとの接続部

USBケーブルとの接続部

ロジクール G PRO WIRELESSゲーミングマウスの特徴

PRO WIRELESSの特徴をまとめました。

ワイヤレスなのに有線マウスを圧倒する超軽量ボディ

PRO WIRELESSの大きな特徴は「圧倒的な軽さ」です。

ワイヤレス仕様なのに80グラムと、有線マウスと比較してもダントツの軽さでした。

MEMO
  • ワイヤレスマウスの場合、バッテリーを内蔵しなくてはいけない
  • だから、一般的に有線マウスと比較して重くなる傾向になる

家にあるマウスの重さを片っ端から測定してみましたが、やっぱり軽い!

PRO WIRELESSの重さは80グラム

PRO WIRELESSの重さは80グラム

手持ちの有線マウスRAZERの「DEATH ADDER ELITE」は96グラム。

DEATH ADDER ELITEの重さは96グラム

DEATH ADDER ELITEの重さは96グラム

ワイヤレスの多ボタンマウス ロジクール G「G502WL」は115グラム。

G502WLの重さは115グラム

G502WLの重さは115グラム

ロジクール Gのマウスをザクッと表にまとめました。

有線マウスと比較しても、PRO WIRELESSは異常なぐらい軽いですね。

ロジクール G PRO WIRELESSと他のマウスの重さの比較表
種類 有線/無線 重さ 価格(税込)
PRO WIRELESSPRO WIRELESS 無線 80グラム 20,020円
G703G703 無線 95グラム 12,980円
G304G304(G305) 無線 99グラム 5,610円
G203G203 有線 85グラム 4,400円
PRO GAMING MOUSEPRO GAMING MOUSE 有線 83グラム 7,810円

左利きの人でも使いやすい左右対称ゲーミングマウス

「左右対称マウスの中ではダントツの使い心地」

左右対称マウス自体は、たくさん発売されているので珍しくはありません。

しかし、使い心地で考えるとありがたい機能がガッツリもりこまれていました。

サイドボタンを外した右側面の外観

サイドボタンを外した右側面の外観

まず、サイドボタンがマグネット式で取り外し可能です。

サイドボタンを外した左側面の外観

サイドボタンを外した左側面の外観

そして、「サイドボタン」と「ボタンカバー」で左右の使い分けができるんです!

サイドボタンとボタンカバーの形状

サイドボタンとボタンカバーの形状

だから、左利きの方は、右側に「サイドボタン」左側に「ボタンカバー」を取り付ける。

左手での操作感

左手での操作感

右利きの方は、右側に「ボタンカバー」左側に「サイドボタン」を取り付ける。

右手での操作感

右手での操作感

って感じで、一般的な左右対称マウスだと左右にボタンがあるから「キー入力を無効」にしてもカチッカチと邪魔に感じます。

でも、PRO WIRELESSは「サイドボタン」と「ボタンカバー」を付け替えられる仕様なので、しっかりとユーザー側の使い心地が考えられていました。

G HUBで好きな「光り方」「ボタン割当て」「DPI設定」が細かく調整可能

ロジクールのデバイス設定ソフトウェア「G HUB」を使うことにより細かな設定が調整可能です。

参考 Logicool G HUB - 一歩先を行くゲーミング ソフトウェアhttps://gaming.logicool.co.jp/
G HUBへの接続画面

G HUBへの接続画面

LIGHTSYNC(光り方の調整)について

LIGHTSYNC(光り方の調整)

LIGHTSYNC(光り方の調整)

光り方の調整は、マウス性能に一切関係ないので自己満足の世界!

「ライトなんていらねーわ」って方は、しっかりライトオフできるので安心してください。

設定できる項目
  • プライマリ(充電時に光る3つの小さな丸)とGロゴの光り方調整
  • 光り方(オフ、固定、サイクル、ブリージング、画面サンプラー、オーディオビジュアライザー)
  • 光る速度(20000ミリ秒〜1000ミリ秒)
  • 輝度(1%〜100%)

ボタンの割り当て設定について

ボタンの割り当て設定(8ボタンが変更可能)

ボタンの割り当て設定(8ボタンが変更可能)

左右のサイドボタンもしっかり割り当てできます。

だから、左右のサイドボタンを同時に使いたいって方も自由にカスタマイズできちゃいます。

設定できる項目
  • 8つのボタンを変更可能
  • 任意のキー割り当てはもちろん、「アクション」「マクロ」など一歩踏み込んだカスタムが可能

感度(DPI)設定について

DPI設定

DPI設定

DPI 16000とか、もうマウスカーソルがどこにあるのか分からないぐらいギュンギュン動いちゃいます。

プロゲーマーだとDPI 400 or 800って設定が多いですね。

設定できる項目
  • DPI切り替えボタンで設定変更できるのは5つまで
  • 最小100から最大16000までの速度調整が可能
  • レポートレート(毎秒)は「125/250/500/1000」の4つから選択可能

ロジクール G PRO WIRELESSゲーミングマウスを実際に使ってみた感想

PRO WIRELESSを実際に使ってみた感想をまとめました。

右手との一体感がハンパなくて強くなれる気がする

CSGOプレイ画像

CSGOプレイ画像

私は、プロゲーマーのようなガチ勢ではない「ただの素人エンジョイゲーマー」です。

しかし、PRO WIRELESSでゲームをプレイすると

  • 右手にフィットして一体感が生まれる
  • ワイヤレスだけど圧倒的な軽さでマウス動作がしやすい
  • 遅延やカクつきは体感上、一切無し

などなど、有線マウスで感じる操作のしにくさが解消され、ワイヤレスマウス特有の「マウスが重い問題」も発生しないので究極に使いやすいゲーミングマウスになっています。

つかみ持ちが最高にフィットする

マウスの代表的な3つの持ち方で、PRO WIRELESSを実際に持ってみました。

私の主観的意見がバリバリ炸裂してるので、参考程度に見てみてください!

代表的な3つの持ち方
  1. かぶせ持ち
  2. つかみ持ち
  3. つまみ持ち

かぶせ持ちは若干フィット感に欠ける

かぶせ持ち

かぶせ持ち

かぶせ持ちをしてみると、手のひらとマウスの上部に隙間ができます。

なので、フィット感は少なめでした。

つかみ持ちは抜群のフィット感

つかみ持ち

つかみ持ち

つかみ持ちをしてみると、抜群のフィット感にテンション上がりました。

代表的な3つの持ち方の中では「つかみ持ち」が一番しっくりくる持ち方でした。

つまみ持ちは滑る心配がある

つまみ持ち

つまみ持ち

PRO WIRELESSは、マウス表面にグリップ強化用のエンボス加工がありません。

エンボス加工とは?
  • 表面に凹凸を付けて滑りにくくする加工
また、マウスを支える「親指・薬指・小指」の部分がラバー処理などされていないので余計に滑る心配があります。

個人的には、つまみ持ちするとマウスをふっ飛ばしそうで怖い。

ワイヤレスゲーミングマウスの中では最高品質だけど、値段も最高に高い

PRO WIRELESSを使ってみた感想は最高に良いんですが、税込み価格で「20,020円」という高い値段だけがデメリットに感じます。

やはりプロ仕様マウスなので、高額な値段になってしまうのは仕方ないです。

マウスに2万円を超える金額が出せる方には、抜群のパフォーマンスを発揮してくれるハズ。

PRO WIRELESSはこんな方におすすめ
  • ゲームが快適にプレイできるなら多少の値段は気にしない
  • 他ボタンマウスよりもシンプルなマウスが欲しい
  • 低DPI(ローセンシ)でプレイするからとにかく軽いマウスじゃないとイヤだ

ロジクール G PRO WIRELESSゲーミングマウスを使ってみた方の評判

ツイッターで「PRO WIRELESS」を実際に使ってみた方の評判を調べました。

命中率7%アップ


バッテリーの持ちがハンパない

普通に使いやすい

ロジクール G PRO WIRELESSゲーミングマウスを使ってみた感想・評判まとめ

「プロゲーマーから圧倒的な支持を受けている理由が分かりました!」

  • ワイヤレスなのに80gという超軽量ボディでマウス操作を阻害する要因無し
  • 左右対称マウスでクセのない形状でつかみ持ちが最高にフィットする
  • 遅延やカクつきは一切無いのでガチで勝利を掴み取れる

ゲームだけじゃなく、事務作業などのパソコン業務も併用して使う場合はG502WLなどの多ボタンマウスが便利です。(実際、普段私が使用しているマウスはG502WLです…)

でも、完全にゲーム特化であれば「PRO WIRELESS」が最高に良い!

PCゲーマーでワンランク上のゲーミングマウスを検討しているならば、是非とも「ロジクール G PRO WIRELESS」を体験してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です