アマゾンの裏技!お得な買い方11選

【実機レビュー】レノボ Legion C530を使ってみた感想・評判|持ち運びが簡単なコンパクトゲーミングPC

Legion C530レビュー

この記事では、Lenovo(レノボ)のコンパクトゲーミングPC 「Legion C530」を使ってみた感想を紹介します!

「ゲーミングPCを持ち運びたい!でも、ゲーミングノートPCは嫌だ・・」

って方にピッタリのゲーミングPCでした。

持ち運びに便利なのは、ゲーミングノートPCです。

しかし、ゲーミングノートPCはパーツの入れ替えが不可能。

ゲーミングノートPCは拡張性ゼロ
  • グラフィックボードの入れ替え不可
  • メモリの増設不可
  • HDDの増設不可

でも、Lenovo(レノボ)のコンパクトゲーミングPC 「Legion C530」なら持ち運びしやすい大きさなのにパーツも自由自在に変更が可能です。

  • 仲間と集まってマルチプレイのゲームで遊びたい
  • 頻繁にPCを持ち運びする

など、ゲーミングPCに「持ち運びやすさ」を求めるなら是非ともLegion C530を検討してみてください!

MEMO

メーカー様よりPCをお借りして、レビュー記事を作成しております。

Legion C530のスペック

Legion C530のスペックをまとめました。

「Legion C530」を一言で説明すると、ノートPCじゃないのに持ち運べるゲーミングPCです。

Lenovo Legion C530スペック
商品名Lenovo C530
OSWindows 10 Home 64 bit
CPUインテル Core i7-9700 プロセッサー (3.00GHz, 12MB)
GPUNVIDIA GeForce GTX 1660Ti 6GB GDDR6
メモリ16GB (8GBx2)DDR4 SDRAM
ストレージ1TB M.2 SSD、1TB HDD
サイズ幅238 × 奥行358 × 高さ305 (mm)
重さ約11kg
  • CPUは、8コア8スレッドの「Core i7-9700」
  • グラフィックボードは、フルHDゲームもサクサク遊べる「GTX 1660Ti」

と、持ち運びができるコンパクトPCなのに幅広い用途で使えます。

幅広い用途で使えるゲーミングPC
  • 3Dのクソ重いPCゲーム
  • 動画編集
  • RAW現像
  • DTM(DeskTop Music:音楽制作)
  • CAD

Legion C530の外観

PC前面は、Legionの「Y」がカッコよく光る仕様。

Legionの「Y」が光り輝く

Legionの「Y」が光り輝く

電源を投入すると、PC内部が赤く光り輝くので、より「ゲーミングPCっぽさ」が感じられますね。

電源ONで赤く点灯します

電源ONで赤く点灯します

排熱性を考慮して、ボディ前面には無数の穴が開けられています。

しかも、ゴミやホコリがPC内部に入り込まないように、しっかりとメッシュ加工が施されていますね。

排熱性を考慮して前面はメッシュ構造

排熱性を考慮して前面はメッシュ構造

本体の右側はツールレスで開閉できるスライド式のカバーが配置されています。

右側面の外観

右側面の外観

本体裏側にある赤いレバーを引っ張りながら、側面カバーをスライドさせると簡単に開けられます。

赤いレバーを引っ張りながらサイドカバーをスライドさせる

赤いレバーを引っ張りながらサイドカバーをスライドさせる

サイドカバーはツールレスで開閉できる

サイドカバーはツールレスで開閉できる

わざわざドライバーでネジを外さなくても、簡単にPC内部にアクセスできます。

右側面からは、マザーボードにアクセス可能

右側面からは、マザーボードにアクセス可能

MEMO
  • 本体右側からは、マザーボードにアクセスできます
  • 「グラフィックボード」「メモリ」の換装時は、右側面から簡単にアクセス可能

本体の左側カバーは、ネジで固定されています。

左側面の外観

左側面の外観

頑張れば手でも回せますが、ドライバーを使った方がラク。

左側面カバーはネジで固定されています

左側面カバーはネジで固定されています

左側面には、電源と3.5インチシャドウベイにアクセス可能

左側面には、電源と3.5インチシャドウベイにアクセス可能

3.5インチシャドウベイは、ラッチを上に押し上げると簡単に手前に引き出せます。

Legion C530は、コンパクト設計なのでパーツがキツキツに配置されています。

だから、簡単に作業が行える配慮は嬉しいですね。

ラッチを上に押し上げると手前に引き出せる

ラッチを上に押し上げると手前に引き出せる

MEMO
  • 本体左側からは、電源とストレージにアクセスできます
  • 「HDD」「SSD」の換装時は、左側面からアクセス可能

Legion C530のインターフェース

USBポート、ヘッドホン端子は前面下部に集約

USBポート、ヘッドホン端子は前面下部に集約

PC前面下部に、ヘッドセットやUSBメモリを挿すインターフェースが配置されています。

  • マイクロホンジャック
  • ヘッドホン・マイクロホンコンボジャック
  • USB3.0端子 ×2
注意事項
  • 机の下にPCを設置すると、ものすごくアクセスがしづらい
  • 机の上に置いて使用するのがベター
PCを机の下に置くとUSBメモリが挿しづらい

PCを机の下に置くとUSBメモリが挿しづらい

PC背面には、グラフィックボードとマザーボードの接続端子が配置されています。

Legion_C530_背面

Legion_C530_背面

マザーボードからは、以下の接続端子が配置。

  • イーサネットコネクター
  • ヘッドホンジャック
  • USB2.0端子 ×2
  • USB3.1 Gen2端子 ×2
  • USB3.0端子 ×2

グラフィックボードからは、以下の接続端子が配置。

  • DisplayPort x1
  • HDMI x1
  • DVI-D x1

デュアルディスプレイをする場合は、「HDMI」と「DVI-D」/「DisplayPort」と「HDMI」など異なる映像出力ケーブルが必要なので注意してください!

ケーブルをまとめておけるゴムバンドを装備

ケーブルをまとめておけるゴムバンドを装備

あと、地味に嬉しい配慮が「ケーブルをまとめられるゴムバンド」でした。

ゴチャゴチャしがちなケーブル類がシュッとまとまる

ゴチャゴチャしがちなケーブル類がシュッとまとまる

ゴチャゴチャしがちなケーブル類をキレイにまとめられる親切設計になっています。

Legion C530の特徴

Legion C530の特徴をまとめました。

持ち運べるゲーミングPCを実現したコンパクト設計

Legion C530の大きな特徴は「コンパクト設計」です。

ゲーミングPCを持ち運びたいっていう願望を叶えるために、C530は極限までコンパクトに設計されています。

極限までコンパクトに設計されたゲーミングPC

極限までコンパクトに設計されたゲーミングPC

ゲーミングPCって、クソデカイ「フルタワー・ミドルタワー」が主流ですよね。

自宅に設置して、ずーーっとそのまま放置するならデカくても構いません。

でも、持ち運びをするなら、フルタワー・ミドルタワーはデカすぎて超不便。

持ち運ぶと言うか、もはや引っ越しですw

Legion C530は、持ち運びを想定してあらかじめ「持ち手」が付いています。

持ち手が付いているゲーミングPCは珍しい

持ち手が付いているゲーミングPCは珍しい

持ち手があるから持ち運びがラク

持ち手があるから持ち運びがラク

だから、簡単に持ち運びができてラクです。

が・・・PC本体重量が約11kgもあるので、ノートPCみたいに軽々と持ち運びはできません!

重めの3Dゲームもサクサク快適に遊べるPC性能

FF15ベンチマークスコア(1920☓1080 高品質)

FF15ベンチマークスコア(1920☓1080 高品質)

Lenovo Legion C530(FF15 ベンチマークスコア)
モード1920☓10802560☓1440
高品質6279(快適)4522(やや快適)
標準品質8278(快適)5629(やや快適)
軽量品質10433(とても快適)7507(快適)

ショボいPCスペックでは、ストレスを感じるFF15も「Legion C530」ならサクサク快適にプレイすることができます。

重めの3Dゲームでも、グラフィック設定を下げずに高品質のまま遊べるのは魅力的ですね。

FF14ベンチマークスコア(1920☓1080 高品質)

FF14ベンチマークスコア(1920☓1080 高品質)

FF15に比べれば、ちょっぴり要求スペックの低いFF14は「非常に快適なプレイ」が可能。

定番の3Dベンチマークソフト「3DMARK」でもスコアを測定してみました。

3DMARKのスコア

3DMARKのスコア(Time Spy:6178)

結果は、Time Spy(2,560×1,440Pixel)モードで「6178」でした。

最近のグラフィックボードで比較するとザ・ミドルクラスって感じ

コンパクト設計のPCなのに、そこそこ高めのスペックを持っていますね。

Legion C530を実際に使ってみた感想

Legion C530を実際に使ってみた感想をまとめました。

机の上に設置しても邪魔にならない

私が普段使っている机に「Legion C530」を設置してみました。

Legion C530の設置例

Legion C530の設置例

机の上に置いても邪魔にならないサイズ感です。

Legion C530の設置例

Legion C530の設置例

フルタワーやミドルタワーのデスクトップPCを机の上に置くと、存在感が大きすぎます。

だから、デカめのPCは机の下に置くしかないですよね。

Legion C530の設置例

Legion C530の設置例

しかし、「Legion C530」なら机の上に置いても違和感を感じなかったです。

動画編集もサクサクできちゃう

私は、YouTubeでガジェットレビュー動画も配信してるので、試しに動画編集で使ってみました。

実際に編集した動画

MEMO
  • テロップや動きのあるエフェクトもサクサク使える
  • エンコード(動画書き出し)もストレス無く行える
  • YouTube向けの動画作成にもバリバリ使えます
PremiereProでの動画編集画面

PremiereProでの動画編集画面

メモリ16GBでも、編集中のモッサリ感はあまりなかったです。

32GBへグレードアップすれば、さらにサックサクになりますね。

エンコードも意外にサクサクです

エンコードも意外にサクサクです

グラフィックボード性能が低いとバカみたいに時間の掛かるのが「エンコード(動画の書き出し)」です。

しかし、ミドルクラスのグラフィックボード「GeForce GTX 1660Ti 」を搭載しているので意外とサックサクでした。

Legion C530を実際に使ってみた方の口コミ・評判

細かいダメ出しはありますが、おおむね高評価の口コミ・評判が多かったです。

コンパクト設計のゲーミングPCなのに、ガチめのスペックでコスパが良い点が評価されていますね。

コンパクトなのにグラボが簡単に交換可能

コスパ良好

内部配線がグチャグチャ

Legion C530の実機レビューまとめ

Legion C530は、コンパクトPCなのにミドルクラスの性能を搭載しています。

ゲームを持ち運びたいけど、そこそこのスペックは欲しい

っていう方にピッタリのゲーミングPCでした。

時期によっては「新生活応援フェア」「PC買い替え応援」などのキャンペーンが実施されています。

Legion C530が気になった方は、是非ともLenovo直販サイトでチェックしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です