Amazonサイバーマンデーセール2018開催中〜12/11まで

【レビュー】Fallout 76の感想・評価|15時間プレイしたがアップデートに期待したい駄作

Fallout76のレビュー記事_アイキャッチ

前作のFallout 4を骨の髄までガッツリとプレイしました。

そんな私が期待に胸膨らませて今作「Fallout76」をプレイした感想をまとめます。

注意
  • ver1.01を15時間プレイした感想となります
  • ソロプレイをメインにプレイしてます

Fallout 76のプレイ感想

一言でまとめると「なかなかの期待ハズレソフト」でした。

vault76からの旅たち

vault76を出るまではワクワクしてました

私のプレイ時間と感想の流れを見てみて下さい。

  • STEP.1
    プレイ10分後

    「ヤベー!とうとう念願のFallout76をプレイしてるぜ!」

    「ヒャッハーー!」

  • STEP.2
    プレイ1時間後

    「まだ始めたばっかりだから、こんなもんよね」

  • STEP.3
    プレイ3時間後

    「おっ!おう、これから楽しくなってくるんですよね?ベゼスダさん」

    ベゼスダとは?

    Falloutシリーズを開発しているのがベセスダ・ソフトワークス (Bethesda Softworks, LLC) です。

  • STEP.4
    プレイ15時間後

    「まじか?コレ。とりあえず、現時点では駄作やろ」

現時点の「Fallout76」は、寝食を忘れて熱中するようなゲームに仕上がっていません。

どんなポイントがイマイチなのか?詳しく説明していきますね。

Fallout 76のダメなポイント

オンラインの良さがひとつも感じられない

たったひとりの孤独な世界

たったひとりの孤独な世界

まずは、「Fallout 76」最大の変化がオンライン専用ソフトとなったことです。

前作経験者は、少なからず期待に胸を膨らませていたハズです。

  • 「オンラインでFalloutがプレイできるって、スゲーワクワクする奴じゃん!」
  • 「凝った拠点を作ったり、共闘したり、絶対おもしろくなるよ」

私も発売日前から予約をして、発売日の11月15日を楽しみに待っていました。

発売初日からプレイする気満々でした

しかし、いざプレイを進めていくとオンライン専用の意味があるのか?と思うようなゲーム仕様でした。

  • 「Fallout4」の約4倍と言われる広大な世界に存在するのはたった24人のプレイヤーのみ
  • NPCは一切存在しない(もちろん派閥も無し)

Fallout 4では「B.O.S.、インスティチュート、レールロード、ミニッツメン」と4つの派閥が存在し、敵対したり友好関係を結んだりとストーリー自体が非常に楽しめました。

「Fallout 76」は、NPCや派閥が無いのでプレイヤー同士のコミニュケーションがすべてです。

しかし、Fallout 76は同時接続数が24人と限られているんです。

そして、広大な世界にたった24人しかプレイヤーが存在しないので、ほとんどすれ違うこともありません。

荒廃した世界をたったひとりで探索する姿は、まさにカオスそのものですよ。

NPCが存在しない世界をただひとりで徘徊する「お使いゲー」

ミッション完了画面

お使いミッションを終えた姿

オンライン機能は手探り状態なので、これからのアップデートに期待するか。とストーリーを進めていくなかで私は気付いてしまいました。

「Fallout 76ってストーリーが無いただのお使いゲーじゃん」

  • あっちに行ってアイテムを探せ
  • こっちに行ってアイテムを探せ
  • 突発イベントでウェーブ状にに襲いかかるスコーチを倒せ

とか、核戦争後の荒廃した世界をひとりでお使いする姿はシュールすぎます。

収納箱の容量が少なすぎて整理整頓を気にしながらプレイするのがダルい

収納箱の容量が限られている

収納箱の容量が限られている

オンライン仕様だから仕方がないのかもしれませんが、収納箱の容量が400と限られています。

ジャンクを解体して素材の状態で収納しても、武器や防具の装備を複数収納すれば収納箱を圧迫します。

「整理整頓」に気を付けながらFalloutをプレイするとは・・非常に悲しいです。

補足説明

収納箱の容量拡張については、アップデートで改善するとベゼスダ公式からアナウンスされています

参考 Fallout 76 | Upcoming Features and Fixes – November 2018Fallout 76

空腹と喉の渇きを気にしながら探索するのが地味に面倒くさい

キャンプで睡眠

「空腹」「喉の渇き」に気を付けろ!

前作「Fallout 4」には無かったパラメータが「空腹」と「喉の渇き」です。

オンライン仕様でサバイバル感を出したかったのかもしれませんが、ただただ面倒くさい作業が増えただけです。

食料の確保と水分の確保を頭に入れながら、探索するのはこの上なく苦痛でした。

べつに、面倒くさくてもおもしろさが見出だせたらいいんですよ。

C.A.M.P.機能で自分の拠点に浄水器を設置して大量の「きれいな水」を確保することも可能です。

せっかくのオンラインなので、プレイヤーへ売りさばくとか出来たら食料や水分要素もありかなと思います。

しかし、プレイヤー自体が1つのサーバーに24人しかいませんので、活発な売買が成り立つハズがありませんよね・・。

ラグとサーバーエラーでプレイを一時中断させられる

バグで空中に浮くパソコンたち

バグで空中に浮くパソコンたち

ベゼスダのゲームをプレイする上で、何度も繰り返されている「バグ問題」

オブリビオンやスカイリムでもありました。

私もベゼスダに鍛えられてきたからか、そんじょそこらのバグでは動じません。

しかし、今回の「Fallout 76」はラグが酷いんです。

スーパーミュータントと遠距離で打ち合いしている最中にラグが酷くなったときはビビりました。

遠くにいたスーパーミュータントたちが、突然目の前に現れ、囲まれフルボッコされたときは度肝を抜かれましたね。

あと、サーバーエラーで接続解除されるエラーも複数回確認してますので、早急なアップデートによる改善が必要です。

まとめ

Pip-Boy 2000を手に入れた時が期待感の絶頂でした

Pip-Boy 2000を手に入れた時が期待感の絶頂でした

アップデートによって劇的にゲーム性が改善され神ゲーへと格上げになるかもしれません。

しかし、現時点プレイした感想は

「イマイチ面白くない」

「とりあえず買おうと思った方は様子見したほうが良いよ」

ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です