Amazonで買い物をする前に!損をしない超おトクな買い物テクニック11選

【レビュー】BOSEワイヤレスヘッドホン「QuietComfort 35」のノイズキャンセリングが想像を絶する凄さ!

QuietComfort 35

『マジで今年買って良かったものNo1になりました』

今までiPhoneを買ったときに付いてくる付属の白いイヤホンで音楽を聴いていました。まあ、私はオーディオ素人なんで、音質の聴き比べは出来ませんが、はっきり言って音質は良くないですよね。それでも別に不満は無かったんですよ。

しかし、このあいだ、たまたま近所の家電量販店でBOSEの『QuietComfort 35』を視聴したんです。

愕然がくぜんとしました。

『これがノイズキャンセリングの効果かよ?スゲーいいんだけど』と即買いしてしまいました。

あてはまる方は必見
  • 勉強に集中できる環境が欲しい
  • 周りの雑音をシャットダウンして作業に没頭したい
  • とにかく自分だけの世界に浸りたい

上の項目に当てはまる方は是非とも「QuietComfort 35」を試してみてください。

周りのノイズが一瞬で消え去り、想像以上の機能にマジでビビりますよ?

BOSE QuietComfort 35の特徴

BOSEが発売しているオーバーイヤーヘッドホンの中で一番高価なヘッドホンが本機『QuietComfort 35』です。決して安い買い物ではありません。しかし、中途半端なヘッドホンを買うよりは断然満足度が違います。

そして、まず私が伝えたい『QuietComfort 35』の大きな特長としては3つです。

QuietComfort 35の特長
  1. ワイヤレス機能
  2. ノイズキャンセリング機能
  3. BOSEの音質が感動するレベル

ワイヤレス機能がメチャクチャ便利

『ワイヤレスってこんなに便利なのかよ?』

ワイヤレスのヘッドホン・イヤホンを使用したことありますか?使用していれば分かると思いますが、もうね絶対に有線には戻れません。たかがケーブルが無いだけでしょ?と思うかもしれませんが、こんなにラクになるとは思いませんでした。

BOSE以外のイヤホン・ヘッドホンでもワイヤレス機能は必須でしょう。

ワイヤレスヘッドホンのメリット
  1. カバンの中でケーブルが絡まない
  2. ヘッドホンを付けたまま自由に移動が出来る
  3. いちいちケーブルの引き回しを気にしなくていいストレスフリーな環境

フル充電で20時間まで視聴可能

有線ケーブルは充電なんて必要ありません。でも、ワイヤレスヘッドホンって充電しなくちゃいけないんですよ。やはり『充電が必要』ってところがデメリットというかワイヤレスヘッドホンのの弱点ですね。

しかし、この弱点をQuietComfort 35は克服してます。なんとフル充電で20時間まで使えちゃいますから。約2時間半でフル充電、そして20時間たっぷりと使用できます。1日2時間の使用で1週間は持ちますので、『あぁー、充電しなくちゃ』ってそんなに気にする必要はありません。

有線接続ももちろん可能

『どうしても私は有線接続じゃないとダメなんです』って方でも安心してください。音声ケーブル用端子と予備として音声ケーブルが付属しています。

でも、メチャクチャ便利なんでワイヤレスで使用することをオススメします。

ノイズキャンセリング機能

f:id:Mediocrity:20170924180553p:plain

ノイズキャンセリングの素晴らしい静音性は必聴

『まるで耳に魔法をかけられたみたいに感じるかもしれません』はあ?耳に魔法をかけられるって??そんなバカな話があるわけないじゃねぇかよ!と思ってましたが、一旦ヘッドホンを装着するとあら不思議

『魔法って、あるーー!!』ってなりましたw

ノイズキャンセリングの仕組みは簡単でヘッドホンに搭載されているマイクで周りの音を拾って打ち消す音波を瞬時に流す。たったこれだけ。そして、ノイズキャンセリングをオンにすると『スーーーン』と周りのノイズが一瞬にして無くなります。

ただし、完全無音では無く、近くで『パパー』って子供に話しかけられれば声は聞こえます。しかし、近くで話しかけられているのに2mくらい遠くから話しかけられている感覚です。めっちゃ不思議だわ。

BOSEの音質が感動するレベル

f:id:Mediocrity:20171001080102p:plain

「まさに鳥肌が立ちまくる感動的な音」

私はiPhone付属の白いイヤホンをずっと使用していましたので、BOSEの「QuietComfort 35」を使用して思ったことは『感動するレベルの音だな』でした。今まではイヤホン・ヘッドホンなんて音が聞こえればどれも一緒でしょ?なんて浅はかな考えをしておりました。しかし、さすがBOSE。オーディオ素人の私を一瞬で音楽の虜にしてしまいました。

私は音質を表現する技量がないので、どのぐらい凄いのか?は実際にあなたが使用してみてください。ビビりますよ。

BOSE QuietComfort 35の開封レビュー

QuietComfort 35の開封

QuietComfort 35の開封

BOSEのヘッドホンは初めて買ったんですが、なんか高級感に溢れていますよ。

QuietComfort 35の内容物

QuietComfort 35の内容物

QuietComfort 35の内容物

ワイヤレスヘッドホンのメリット
  1. Bose® QuietComfort® 35 wireless headphones
  2. キャリングケース
  3. 充電用 USB ケーブル
  4. 予備用音声ケーブル
  5. 機内用デュアルプラグアダプター

内容物としては、スッキリとしてます。ヘッドホン本体と持ち運び用のケース、充電ケーブル類。

そして、初めて見たアイテムが『機内用デュアルプラグアダプター』。

飛行機に乗るとショッボイヘッドホンあるじゃないですか?あのショッボイヘッドホンを座席の脇に差すプラグに、この『機内用デュアルプラグアダプター』をさせばQuietComfort 35を有線接続できます。

機内用デュアルプラグアダプター

このアダプタがあれば飛行機でも使えるよ

QuietComfort 35の各部詳細

左右の区別がしやすい

左右の区別がしやすい

ヘッドホンの右と左の区別がカップイヤー内部に『L』と『R』の表記があるので区別しやすいです。そして、イヤークッション自体は合成プロテインレザーで作られていて、内部にパッシブノイズキャンセリング用のシリコンが入っているので、とっても装着感がいいんです。

変な圧迫感がなくて、耳の周りに優しくフィットして長時間着けていても痛くならないです。メガネをかけたままでもヘッドホンを装着できるのもイイ。

装着感はいいんですが、密閉型のヘッドホンなので、暑い日は蒸れます。そこだけは仕方ないですね。

ヘッドバンドは高級感がある

ヘッドバンドは高級感がある

ヘッドバンドもやはりBOSE最高峰のヘッドホンですので、高級感たっぷり。ヨットや高級車に使用されているAlcantara®(アルカンターラ)っていう柔らかな素材が使われています。安いヘッドホンだと硬い部分がガシガシ頭に当たるんですが、QuietComfort 35はホントに優しく頭にフィットします。

音量とマルチファンクションボタン

音量とマルチファンクションボタン

ヘッドホンの操作ボタンは右側のイヤーカップに3つ配置されています。音量を調節するボタンが『+』『ー』の2つと、マルチファンクションボタンが1つ。1回押しで曲停止、2回押しで曲送り、3回押しで曲戻りができます。

電源ボタン

右側イヤーカップ表面に電源ボタン

右側のイヤーカップ表面には電源ボタンが配置されています。そして、電源ボタンの右横にあるブツブツが『マイク』です。このマイクで周辺の音を拾って瞬時にノイズキャンセリングしてくれます。

充電用USB端子

右側イヤーカップ下面に充電用USB端子

充電するときは、右側のイヤーカップ下面に付いているUSB端子から充電します。フル充電で20時間は持つので毎日は充電しなくてもいいのがラクで助かります。

音声ケーブル用端子

左側イヤーカップ下面に音声ケーブル用端子

そして、使用頻度は低いと思いますが有線接続のときに使用する音声ケーブル用端子。左側のイヤーカップ下面に配置されています。

スマホアプリでヘッドホンの機能をバージョンアップ

BOSEのワイヤレスヘッドホン接続サポートと機能のバージョンアップが行える『BOSE CONNECT』という無料アプリがあります。

Bose Connect

Bose Connect

Bose Corporation無料posted withアプリーチ

 

BOSE CONNECTアプリ画面

BOSE CONNECTアプリ画面

実際にアプリも使ってみましたが、ブルートゥース接続はアプリを立ち上げれば一発でできちゃいます。そして、ノイズキャンセリングのオン/オフはもちろん、使用する場所の雑音レベルに応じてノイズキャンセリングレベルを『高』『低』の2段階で選択できます。

さいごに

周りの騒音を一切気にせず作業に集中できる環境って大切ですよね?『あぁー、なんか集中できねぇ』って方は、是非ともBOSEのワイヤレスヘッドホンQuietComfort 35を使ってみてください。

もう手放せないヘッドホンになること間違い無しです。

以上。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です