毎月雑誌を買っている方は必見!楽天マガジンなら月額380円で雑誌見放題

Ankerのおすすめモバイルバッテリーはこれだ!「PowerCore Fusion 5000」が電源プラグ搭載で安くて使いやすかった

Power Core Fusion 5000のレビュー_アイキャッチ

「モバイルバッテリーって種類が多くてどれを買えば悩みますよね?」

私もサイズや使い勝手に応じていろいろなモバイルバッテリーを試してきましたが、ようやく最強のモバイルバッテリーに出会いました。

それが、Ankerの「PowerCore Fusion 5000」です。

「Anker製品で一番オススメのモバイルバッテリーです」

あてはまる方は必見
  1. 軽くて手のひらサイズのモバイルバッテリーが欲しい
  2. 毎日使うものだから、持ち運ぶケーブルや機器は出来る限り少なくしたい
  3. モバイルバッテリーの容量は、スマホ2回分ぐらい充電できればいい

①〜③に当てはまる方は、「PowerCore Fusion 5000」を使ってみてください。必ず満足するモバイルバッテリーですよ。

Anker「PowerCore Fusion 5000」の特徴

PowerCore Fusion 5000の特徴

PowerCore Fusion 5000の特徴

モバイルバッテリーを選ぶ基準って「バッテリー容量」「価格」の2つですよね?

私も今までは「バッテリー容量がそこそこで価格の安い」モバイルバッテリーを買ってきました。

そりゃあ、大容量のモバイルバッテリーを買えば毎日充電する必要はありません。しかし、サイズは大きくて重たくなるのが一般的。

毎日使うスマホを充電する為に、モバイルバッテリーも毎日持ち運びます。

「出来るだけ荷物を減らしたい」

そんな思いに応えてくれたのがAnkerの「PowerCore Fusion 5000」だったんです。

電源プラグ搭載でコンセントに直挿しできる

コンセント使用時

コンセントに直で挿せるのが超便利

  • 電源に挿しながらスマホ・タブレットを充電できる
  • もちろんバッテリー自体も電源に挿して充電できる

「モバイルバッテリーが直接電源に挿せるだけでメチャクチャ便利になります」

モバイルバッテリーを充電するためには「USB充電器」「microUSBケーブル」が必ず必要となります。

  • STEP.1
    「外でスマホを充電するためにモバイルバッテリーが必要」
  • STEP.2
    「モバイルバッテリーを充電するためには、USB充電器とmicroUSBケーブルが必要」

もうね、家中が物で溢れちゃいますよ。

しかし、Anker「PowerCore Fusion 5000 」なら、スマホと接続するケーブルが1本あればあとは何も必要ありません。

「無駄なケーブルや充電器が不要になる」

これがAnker「PowerCore Fusion 5000 」の最大の特徴です。

バッテリー容量は5000mAhでiPhone2回分の充電能力

iPhone2回分の充電能力

iPhone2回分の充電能力

いくら電源プラグが付いているからって、「毎日モバイルバッテリーを充電するのは面倒くさい」ですよね?

私は、iPhone7を使用しているんですがモバイルバッテリーをフル充電で、iPhone2回分は充電することができます。

だいたい2日に1回の充電でいいので、面倒くさがり屋の私でもモバイルバッテリーを上手に活用できています。

実際にAnker「PowerCore Fusion 5000」を使ってみた感想

PowerCore Fusion 5000の外箱

いつものAnker外箱から開封

PowerCore Fusion 5000の内容物

付属品はケースとmicroUSBケーブルと取説

付属品はメッシュ素材のケースとmicroUSBケーブル、そして取扱説明書のみ。

実際、モバイルバッテリー本体を充電するのにmicroUSBケーブルは使わないので付属してなくてもいいですね。

手のひらに載せたときのサイズ感

本体は手のひらにフィットするサイズ感

手に持ってみると大きすぎないけど小さくもありません。ちょうど手のひらにフィットするぐらいのサイズ感で、重量が約189g。

今のところ通勤バッグにサッとしまえる大きさなので、持ち運びに苦労することはないですね。

しかし、ズボンのポケットに入れて持ち運ぶって方はかさばるのでオススメできません。

外観拡大写真

本体表面にボタンと残量LED

ボタンを押すと3つのLEDでバッテリー残量を表示します。

  • 3つ点灯で残量100%
  • 2つ点灯で残量66%
  • 1つ点灯で残量33%
USB端子の種類と数

出力用USB端子は2つ

USB端子が2つあるので、2台のスマホやタブレットを同時に充電することができます。

Anker「PowerCore Fusion 5000」を使うメリット

実際に使ってみて感じた「PowerCore Fusion 5000」のメリットをまとめてみました。

購入する際の参考になれば幸いです。

充電用のUSB電源アダプタとして使える

「家に帰ってきたら、モバイルバッテリーをコンセントにぶっ挿してください」

自宅に帰ってきたら、スマホの充電をしますよね?そのときに「PowerCore Fusion 5000」経由で充電できちゃいます。

そう!「コンセントに挿すUSB電源アダプタ」として使うことができます。そして、スマホの充電が完了すると、自動的にモバイルバッテリーの充電が始まります。

だから、「PowerCore Fusion 5000」1台と充電用ケーブルが1本あれば、家でも外でも何の支障もなくスマホやタブレットの充電が可能となるんです。

PowerIQで高速充電が可能

スマホ機種毎の高速充電時間

高速充電が可能

Anker独自技術の「PowerIQ™テクノロジー」によって、充電時間がかなり早いです。

仕組みは、USBポートに接続された機器を自動的に検知し、接続された機器に適した最大のスピードで急速充電を行っています。

充電する機種充電時間
iPhone7 Plus約2.1時間
iPad mini4約1.43時間
iPad約4.5時間
Galaxy S5約1.3時間

Anker「PowerCore Fusion 5000」の気になる点

気になる点としては、1点だけありました。それ以外は、「値段」「バッテリー容量」「機能」どれをとっても完璧な仕上がりですね。

サイズ感はコンパクトだが厚みはある

「PowerCore Fusion 5000」のサイズは縦72mm x 横70mm x 厚み31 mmです。

残念ながら、ポケットに収まる厚みじゃありません。

男性の方って、ふだんバッグを持ち歩かずにスマホと財布だけって人が多いですよね?

そんな手ぶらで出歩くような人にはちょっとかさばりますね。

通勤や通学、プライベートでもバックを持ち歩く方であれば何の問題も無く持ち運びはできます。

まとめ

どんなモバイルバッテリーを買えばいいのか?迷っている方は、是非ともAnkerの「PowerCore Fusion 5000」を使ってみてください。

余計なケーブルやアダプタが要らなくなり、持ち物がスッキリとしますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です