Amazonサイバーマンデーセール2018開催中〜12/11まで

Amazonで月1万円以上使うあなたが「Amazonゴールドカード」を使うべき2つの理由|メリットとデメリットを分かりやすく説明

Amazonゴールドカード_アイキャッチ

「Amazonで買い物してますか?」

もしも、あなたが毎月1万円以上の買い物をAmazonでしているならば今スグに「Amazonゴールドカード」を利用すべきです。

私は、Amazonで年間20〜30万円程度は使っているヘビーユーザーです。しかし、今までは楽天カードでAmazonを利用していました。

そんな私が実際にAmazonゴールドカードを利用してみて、特典や使い勝手を知った結果・・

過去の自分に伝えたいことはひとつ!

「今スグにAmazonゴールドカードを使えっ」

あなたが私のように、後悔するようなことがないよう、メリットとデメリットを詳しく説明しますので参考にしてみてください。

Amazonで月1万円以上使うあなたが「Amazonゴールドカード」を使うべき2つの理由

「Amazonゴールドカード」を使うべき2つの理由は下記の通りです。

Amazonゴールドカードを使うべき理由
  1. 各種割引を駆使すれば、実質420円の年間費でゴールドカードが持てる
  2. Amazonで購入した金額の2.5%がAmazonポイントとして還元される

1行で説明すると、

「圧倒的なポイント還元率と超低コストでゴールドカードが持てます」

ってことです。

これから、「実質年間費」と「年間いくら使う人は得なのか?」について詳しく説明していきます。

Amazonゴールドカードの年会費は実質420円

まずは、年会費について説明します。ゴールドカードなので、楽天カードのように年会費は無料ではありません。

そして、Amazonゴールドカードの年会費は10800円です。

「えっ?高くね?」
「そんな高くて年会費の元が取れるの?」

私もはじめは「高すぎだわ!絶対、楽天カードの方が良い!」と思いました。

しかし、下の表のように各種割引がありますのでかなり年会費を安く抑えることができます。

 初年度2年目以降
通常年会費10,800円10,800円
マイ・ペイすリボ割引−5,400円−5,400円
WEB明細割引-−1,080円
実質年会費5,400円4,320円

マイ・ペイすリボ割引で初年度は5400円、2年目以降は4320円の年会費が掛かります。
※マイ・ペイすリボ割引については、下で詳しく説明するので、一旦スルー。

「うーん、まだ高い」って思いますよね?

実は「Amazonゴールドカード」は自動的に「Amazonプライム会員」になることができます。

だから、Amazonプライム会員の年会費3900円分を差し引いて計算すると、下の表になります。

 初年度2年目以降
割引後の年会費5400円4,320円
Amazonプライム会員−3,900円−3,900円
実質年会費1,500円420円

もちろんAmazonヘビーユーザーの方ならすでにAmazonプライム会員ですよね?

だから、1年目は年会費1500円、そして2年目以降は「実質420円の年間費でAmazonゴールドカードを運用することができる」ってことなんです。

ちなみに「Amazonプライム会員ってなんだ?」って方は、下の記事をみてください。
かなり破格なサービス内容ですよ。

Amazonで利用した金額の2.5%をAmazonポイントで還元

次に知って欲しいことは、Amazonで買い物をしたときに「還元率2.5%」を超えるクレジットカードは存在しませんってことです。

そして、実質年会費は初年度で1500円、2年目以降は420円とメチャクチャ安いゴールドカードなんです。

初年度と2年目以降でどのぐらいAmazonで買い物をすれば得をするのか?

下の表にまとめてみました。

Amazonゴールドカードを所持する場合の損益分岐点

初年度と2年目移行の損益分岐点比較

表をみてもらえば分かりますが、初年度は年間6万円、2年目以降は年間2万円の買い物をすればゴールドカードの年会費は元が取れます。

「Amazonってあまり使わないしな」
「Amazonで年間2万円も使わない」

そんなAmazonライトユーザーの方には、正直言って「Amazonゴールドカード」はオススメできません。

しかし、

「食料品や化粧品など、毎週何かしらAmazonで買ってるな」
「ガジェット好きでAmazonは頻繁に利用する」

そんなAmazonヘビーユーザーの方は「利用すればするほど」お得になりますので、Amazonゴールドカードはかなりオススメなクレジットカードです。

Amazonゴールドカードのメリットとデメリット

Amazonゴールドカードを持つことでどんなメリットとデメリットがあるのか?をまとめました。

もしもあなたが、「Amazonゴールドカードを作ろうかな?」って迷っている場合は参考にしてみてください。

Amazonゴールドカードのメリット
  1. 自動的にAmazonプライム会員になれる
  2. Amazonで利用した金額の2.5%をAmazonポイントで還元
  3. Amazon以外で使っても利用金額の1%をAmazonポイントで還元
  4. 無料の「即時審査サービス」で、登録したその日からAmazonで買い物に利用することができる(利用可能時間 毎日9:00~19:00)
  5. 全国主要空港ラウンジサービスが利用可能
  6. 最高5000万円の海外・国内旅行傷害保険付き
  7. 年間300万円までのお買い物安心保険付き

「やはり、ゴールドカードなのでサービス内容が違いますね」

メリットの中でも、とりわけ「空港ラウンジが使える」「年間300万円までお買い物安心保険が付く」ってのがいいですね。

全国の主要空港でラウンジサービスが利用可能

f:id:Mediocrity:20180103171504p:plain

全国28空港のラウンジを使い倒せます

Amazonゴールドカードを持っていれば、全国28空港のラウンジを無料(同伴の方も1名様までは無料)で利用することができます。

通常は大人1名で1080円(税込)掛かりますので、お得ですよね。

  • ソフトドリンクが飲み放題
  • 新聞・雑誌読み放題
  • 無料の無線LANが使い放題
  • 化粧室・シャワー室が使える
  • ゆったりしたソファーでくつろげる

出張や旅行で頻繁に空港を利用する場合、無料でラウンジを使えるのはかなり便利です。

年間300万円までお買い物安心保険が付く

f:id:Mediocrity:20180103170139p:plain

充実した補償内容

お買い物安心保険って、「クレジット決済で買った商品が壊れたり、盗まれたとき」に保証してくれるサービスです。

事前に保険料を払ったり、届けを出す必要もありません。ただ、Amazonゴールドカードを持っていればいいだけ!

もちろん、あなた以外の家族が買った商品でも補償対象になりますので、安心してクレジットカードを利用することができますね。

Amazonゴールドカードのデメリット
  1. Amazonポイントでしか還元されない
  2. ゴールドカードなので年会費無料にはならない

還元はAmazonポイントのみ

ポイントはすべて「Amazonポイント」に還元です。

マイルに替えたり、電子マネーに替えたり、他のサービスへ還元することは一切出来ません。

だからこそ、「Amazonを利用する方に特化して作られたクレジットカードだな」って感じます。

Amazonゴールドカード利用時の注意点

Amazonゴールドカードへ申し込み後の注意点をまとめておきます。

下記の手続きをしないと年会費が安くならないし、勝手にリボ払いになってしまいますので必ず対応してください。

インターネットサービス「Vpass(ブイパス)」へ登録

Vpassへの登録方法

Vpassへの登録は必須

Amazonゴールドカード入会後に登録したメールアドレスに「インターネットサービス「Vpass」ご登録方法についてのご案内」というメールが届きます。

届いたメールに記載されているURL(http://www.smbc-card.com/rd/touroku1.jsp)からVpassへ登録します。

Vpass(ブイパス)の登録方法

Vpass・カードご利用代金WEB明細書サービス登録

お申込みの場所

Vpass・カードご利用代金WEB明細書サービス登録の下にある「お申込みはこちら」ボタンをクリックします。

個人・法人会員の選択

だいたいの方は個人会員の申し込みでOK

「個人会員」か「法人会員」を選択します。だいたいの方は「個人会員」で申し込んでいると思いますので「個人会員」を選択してください。

VpassとWEB明細書サービスへ登録

意外と簡単に登録が終わります

規約をよく読んで、納得したらVpassおよび「カードご利用代金WEB明細書サービス」を登録にチェックを入れて「同意する」ボタンをクリックしてください。

これでVpassの登録とWEB明細書サービスへ登録できます。

f:id:Mediocrity:20180103202434p:plain

これでVpassへの登録が完了です

あとは、カード情報やあなたの好きなID候補とパスワード、請求額確定通知メール配信先を入力すれば「Vpass」への登録が完了です。

カードご利用代金WEB明細書サービスへ申し込む

カードご利用代金WEB明細書サービスへの申込方法

カードご利用代金WEB明細書サービス

上で書いた「Vpass(ブイパス)の登録方法」でVpassおよび「カードご利用代金WEB明細書サービス」を登録にチェックを入れれば申し込みは完了となります。

別途、手続きをしなくてもOKです。

この「WEB明細書サービス」へ登録しておけばネット上で明細が確認できて、年会費も1080円割引きになっています。

マイ・ペイすリボの支払い金額はカード利用枠限度に設定

マイ・ペイすリボの支払い金額変更

マイ・ペイすリボを上手に使い倒す

「マイ・ペイすリボ」を一言で説明すると自動リボ払いシステムです。

デフォルトは毎月3万円の支払いになっています。

毎月どんなに使っても3万円で支払いが済みますが、その分バカ高い金利を払う仕組みです。

でも、この「マイ・ペイすリボ」に登録しないといけないと年会費5400円割引きになりません。

※初年度年会費をマイ・ペイすリボで割引き適用させるためには、カード申し込み時に同時申し込みが必要です!

そこで、カード申し込み後に毎月の支払い金額をカード利用限度額に設定し直してください。

マイ・ペイすリボの支払い金額変更方法

マイ・ペイすリボの支払い金額変更方法

マイ・ペイすリボの支払い金額変更方法

まず、トップページ上部の「マイ・ペイすリボ」をクリックしてください。

マイ・ペイすリボの支払い金額変更のお申込み

マイ・ペイすリボの支払い金額変更のお申込み

下にスクロールすると表示される、マイ・ペイすリボお支払金額変更の「お申し込みはこちら」ボタンをクリックします。

マイ・ペイすリボの支払い金額変更の増額申込み

マイ・ペイすリボの支払い金額変更の増額申込み

次回お支払金額、最低お支払金額の増額申し込みの「増額を申し込む」ボタンをクリックします。

f:id:Mediocrity:20180103214822p:plain

次回以降の最低支払金額を増額します

下記お支払日以降、毎月のお支払金額を変更(増額)するにチェックをして「次へ進む」をクリックします。

マイ・ペイすリボの支払い支払いコース変更

上限金額に設定するとリボ払いしなくてもOK

デフォルトの元金定額コースは3万円です。

そして、元金定額コースをあなたのカード上限金額に設定します。カード上限金額が100万だったら100万円、120万円だったら120万円を入力します。

これで、マイ・ペイすリボの支払い金額が変更されました。

そして、リボ払いにではなくて1回払いとなりますので安心してカード決済ができますね。

年会費を払いたくないなら「Amazonクラシックカード」もあるよ

「年会費を払うカードは使いたくない」
「ゴールドカード以外にAmazonで使えるオトクなカードはないの?」

って方は年会費無料の「Amazonクラシックカード」を使ってみてはどうでしょうか。

Amazonクラシックカードとゴールドカードの違い

Amazonクラシックカードとゴールドカードの大きな違いは2つ。

Amazonクラシックカードとゴールドカードの違い
  1. クラシックは年会費が無料、ゴールドは年会費が実質420円
  2. ポイント還元率がクラシックは1.5%、ゴールドは2.5%

年会費は無料

 初年度2年目以降
通常年会費無料1,350円
前年度1回以上のカード利用--1,350円
実質年会費無料4,320円

年間で1回でもAmazonクラシックカードを利用すれば年会費は無料です。利用する金額はいくらでもいいので、年会費無料のハードルはかなり低いですよね。

Amazonで利用した金額の1.5%をAmazonポイントで還元

ポイント還元率は1.5%とゴールドカードの2.5%と比較して1%低いです。

しかし、同じ年会費無料の楽天カードと比較すると0.5%多く還元を受けることができます。

まとめ

「AmazonによるAmazonヘビーユーザーの為のAmazon専用クレジットカード」

それが、Amazonゴールドカードを使ってみた私の感想です。

「ネット通販は、楽天市場よりAmazon派だよ」って方は是非ともAmazonゴールドカードを検討してみてください。

2 Comments

Mediocrity

>>あゆさん
モチベーションが上がる温かいお言葉、ありがとうございます。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です