Amazon利用者必見!お得な買い方11選

【レビュー】Days Gone (デイズ・ゴーン)の感想・評価|延々と続けられる中毒性のあるオープンワールドゾンビゲー

Days Gone(デイズゴーン)_アイキャッチ

GW直前の4/26(金)に発売した「Days Gone(デイズゴーン)」を発売日に購入し、GWの休み中ぶっ通しでプレイしてました。

「ヤベー、超面白い!神ゲーだわ!」と興奮しながらプレイするゲームではありません。

しかし、止めどきが分からず延々とプレイを続けちゃう中毒性があるゲームでしたね。

Days Gone (デイズ・ゴーン)をプレイした感想をまとめましたので、参考にしてみてください。

Days Gone (デイズ・ゴーン)はどんなゲーム?

荒廃したアメリカを舞台にしたTPS視点のオープンワールドサバイバルゾンビぶっ倒しゲー

集団のフリーカーに襲われるとドキドキ

集団のゾンビに襲われるとドキドキ

Days Gone(デイズゴーン)の舞台は「パンデミック後の太平洋岸北西部のハイデザート」です。

建物は荒廃し、そこら中にぶっ壊れた車が放置されている中、生き残った人々が無政府状態で自給自足の生活を送っています。

自給自足の生活を送っている

自給自足の生活を送っている

ゲーム自体はTPS(三人称視点シューティングゲーム)なので、FPSゲーで酔いやすい私でも長時間ぶっ通しでのプレイが可能でした。

TPSだから酔わずにプレイできます

TPSだから酔わずにプレイできます

基本的にはミッションをこなしながらゲームを進めていきます。

ミッションの進行度合い

ミッションの進行度合い

しかし、ストーリーの構成がしっかり作り込まれており、オープンワールドゲームにありがちな「やることばっかり多すぎる」「なんでも詰め込みすぎ」といった不満もない良ゲーですね。

Days Gone (デイズ・ゴーン)をプレイした感想

Days Gone(デイズゴーン)にはさまざまなドラマが詰まっている

ディーコンとサラの出会い

ディーコンとサラの出会い

オープンワールドゲームって自由度が高いけど「ストーリー性がない」「目的がよく分からない」ってことがありますよね。

しかし、Days Gone(デイズゴーン)には主人公であるディーコンを取り巻くさまざまなドラマが詰まっておりストーリーが面白いです。

海外ドラマみたいに複数の伏線が張られていくので、延々とミッションを続けちゃう中毒性があります。

ディーコンと相棒のブーザー

ディーコンと相棒のブーザー

相棒のブーザーがゲーム序盤で負傷しちゃうんですが、ゲームが進むに連れて病状が悪化していきます。

そんな死にそうなブーザーを必死に助けようとするディーコンの想いがプレイするこちらにまでグサッと伝わってくる。

死んだ奥さんの墓石

死んだ奥さんの墓石

オープニングでディーコンの妻サラは死んだことになっているんですが、プレイしていると「えっ?サラって実は生きてるんじゃね」と思えるような伏線がチラホラ見えます。

先が気になってぶっ通しでミッションを進めてました。

謎の組織NERO

謎の組織NERO

とりあえず、何をしている組織か分からないのが「NERO」

防護服に身を包み、荒廃した世界でもヘリコプターに乗っているし、何かの実験をしている雰囲気もありホントに謎。

各地に点在するキャンプの人たち

各地に点在するキャンプの人たち

生き残った人たちで独自のコミュニティ「キャンプ」を運営しています。

しかし、それぞれのキャンプの特色がありすぎます。

  • 人々を奴隷のようにこき使ってるオバちゃんリーダー
  • ラジオ放送で好き勝手に放送している強面リーダー
  • 農場を運営しているタフガイおじさんリーダー
カルト集団「リッパー」

カルト集団「リッパー」

比較的まともな人以外には、脳内がヒャッハーしてしまったカルト集団「リッパー」がいたりと豊富なキャラクターにあふれています。

 

このように、さまざまなキャラクターたちが交錯して物語が構成されており、海外ドラマ顔負けの面白いストーリーが作られています。

序盤は隠密(ステレス)行動じゃないとスグに死にます

ゾンビたちにフルボッコされてます

ゾンビたちにフルボッコされてます

Days Gone(デイズゴーン)のトレイラー(予告編)動画や有名Youtuberによる先行プレイでは、大量のゾンビたちと戦うシーンがピックアップされています。

Days Gone(デイズゴーン)には、大量のゾンビたちと戦うミッション(大群スレイヤー)もあります。

しかし、武器やスキルなどが揃っていない序盤から大量のゾンビをぶっ倒すってことはできません。

ゾンビの巣窟に火炎瓶を投げ込む

ゾンビの巣窟に火炎瓶を投げ込む

だから、序盤は4〜5体のゾンビを相手にするだけでも結構ハードな戦いになります。

補足事項
  • トレイラー(予告編)動画を観て、大量のゾンビをぶっ倒す爽快なゲームと誤解しがち
  • どちらかというと「The Last of Us(ザ・ラストオブアス)」のようなゲームですね

移動手段はバイクだけどファストトラベルができるので移動が楽ちん

移動手段はバイクと徒歩のみ。そして、一度訪れた場所は「ファストトラベル」が可能です。

しかし、バイク移動に関して不満というか改善して欲しい点があります。

バイクの燃費が悪すぎるので、ガソリンを入れる頻度がメチャクチャ高いです。

バイクのガソリン消費量が半端ない

バイクのガソリン消費量が半端ない

遠出をすると、ゲーム内時間で1日に4、5回はガソリン補給をしないといけません。

補足事項
  • 燃料タンクのカスタマイズをすれば、だいぶマシにはなります
  • 下り坂で滑降するとガソリン消費が抑えられる小技あり
ガソリン入りポリタンクを持つディーコン

ガソリン入りポリタンクを持つディーコン

ファストトラベルするのにもガソリンが必要となるので、ガソリンスタンドとガソリン入りポリタンクは必需品になってます。

バイクのカスタマイズをすると爽快なツーリングができます

バイクはカスタマイズ可能

バイクはカスタマイズ可能

Days Gone(デイズゴーン)で大活躍するのがバイクなんですが、序盤はマジでクソ性能すぎます。

  • 操作しにくい
  • スピードが遅い
  • 燃料タンクが小さすぎてガス欠になりまくる
  • ダメージを受けるとスグに壊れる

しかし、中盤から終盤にかけてバイクのカスタマイズができるようになってくるとメチャクチャ快適に爽快なツーリングができます。

大自然の中を颯爽とツーリング

大自然の中を颯爽とツーリング

カスタマイズできる項目が性能面外観面であわせて20項目ちかくあるので、フルカスタマイズするとヒャッハーな走りができちゃいますよ。

カスタマイズできるバイクパーツ(性能面)
  • エンジン(最大スピードが向上)
  • エキゾースト(排気音を抑えて敵に気づかれにくくなる)
  • ストレージ(バイクに予備の弾薬が積める)
  • 燃料タンク(燃料タンクの最大容量が増える)
  • フレーム(耐えられるダメージ量が向上する)
  • リアサスペンション(バイクのダメージ吸収性能が向上)
  • ニトロブースト(ブースト機能が追加される)
  • タイヤ(バイクの操作性しやすくなる)
  • フォーク(耐えられるダメージ量が向上する)
カスタマイズできるバイクパーツ(外観面)
  • ヘッドライト
  • ホイール
  • エキゾーストチップ
  • ハンドルバー
  • ブレーキ
  • フロントフェンダー
  • シュラウド
  • 燃料タンクやフレームのペイント
  • 燃料タンク用のデカール
山道や斜面をフルスピードで走り抜ける

山道や斜面をフルスピードで走り抜ける

中盤から選べる武器が増えて面白さが倍増する

武器はキャンプで購入できる

武器はキャンプで購入できる

序盤は性能がカスな拳銃ぐらいしか使える武器がありません。

だから、ゾンビをぶっ倒す爽快感が中々得られず面白さを感じることができませんでした。

「ゲーム開始序盤は、ひたすら隠れながらキルするのが安全かつ最良の方法」

しかし、ストーリーを進めていくと徐々に装備が整ってきてゾンビをフルボッコできるぐらいに成長すれば「ヤベー、面白れぇー」って感じることができますよ。

まとめ

ディーコンとサラ

ディーコンとサラ

発売前に大量ゾンビと戦う予告編を観た方は「コレじゃない感」がありガッカリしたかもしれません。

しかし、ゲーム自体はしっかり作り込まれており満足出来る内容になっています。

パンデミック後のアメリカを舞台にしたサバイバルオープンワールドを体験したい方には是非ともオススメです。

だからこそ、Days Gone (デイズ・ゴーン)の販売戦略・宣伝方法がイマイチ微妙だったのかなって感じがしますね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です