アマゾンの裏技!お得な買い方13選

【体験談】ゲーマーがauひかりのネット回線を実際に使って分かった速度や使用感を徹底解説!

この記事ではauひかりについて徹底解説します!

  • 夜になると引くぐらいにラグい
  • いきなり瞬間移動する

そんな不満をお持ちではないですか?

私もラグに悩むゲーマーでしたが、auひかりに変更したら快適なネット環境を手に入れることができました!

そこでこの記事では実体験をもとに、auひかりの使用感やよかった点・悪かった点をくわしくレビューしていきます。

  • ネット回線が貧弱すぎてツラい
  • ゲームをプレイしていてラグがヒドい

という方は、ぜひとも参考にしてみてください!

\動画でも紹介しています/

この記事でわかること
  • 光回線の種類と違い
  • auひかりと他回線との速度比較
  • auひかりでゲームをしてみた結果

そもそも光回線とは?

auひかりのネット回線がすごいという話をする前に、まずはそもそも「光回線って何?」というのを解説させてください。

ちなみにここから若干ややこしい話が続きますが、あとあとの説明でめちゃくちゃ大切になります。

ちょっとガマンしてしっかり読んでくださいね!

光回線には3種類ある

光回線は大きく分けると、

  • 光コラボ
  • 独自回線
  • 強化回線

の3種類に分けられます。

1つめは、NTT東日本・西日本が提供するフレッツ光、そしてNTTから光回線設備を借り受けたドコモ光やソフトバンク光など光コラボと呼ばれる回線。

2つめは、NTTの回線を使っていない独自回線。

そして3つめが、従来の通信規格の2倍以上といわれる高速通信規格の光回線Nuro光です。

この3種類の回線が、現在日本で使われている光回線の代表的な種類です。

今回私が乗り換えたauひかりは独自回線になります。

光コラボにはこんな特徴がある

まずは光コラボについて詳しく解説していきます。

こちらのグラフは、MM総研が行ったブロードバンド回線事業者の加入件数の調査結果です。

グラフを見ると分かるように、光コラボの割合が2/3以上を占めています。

なのですでに光回線を使っているよ!という方の半数以上は光コラボだと思います。

そのぐらい光コラボは普及しているネット回線です。

私も元々光コラボである「So-net光」を契約していました。

ネット回線のことがよく分かっていなかった以前の私は、光コラボの回線を使うことに対してまったく何の疑問も抱いていませんでした。

逆に、

みんなが使ってるから安心じゃね?

ぐらいまで思っていました。

よく分からん回線業者を利用するよりも、なんか名前が有名なNTTの回線を使っておけば、

最強じゃね??

みたいな感じですw

しかし実際に使っていくと、だんだんと気付いてきました。

なんかラグくね???

ってことに。

そうです!

光コラボの回線はみんなが使っているからこそ、ピークの時間帯に通信速度が著しく低下するという大問題を抱えていたんです!

ラグすぎるとゲームのやる気も低下します

なぜ光コラボ回線は遅くなるのか

なぜ光コラボの回線は遅くなるときがあるのか?

これはなんとなく「混雑してるからでは?」ということは想像がつきますよね。

私はゲームおたくなので、ラグを解消するためにはどうすればいいのか?をめちゃくちゃ勉強しました。

学校の勉強の80倍ぐらいの労力かけましたw

その結果、意外なことがわかりました。

それは光コラボ回線では1本の光ファイバーを32世帯で分け合ってるということ。

実際に図で表すとこんな感じになります。

右側の絵を見ると一発で分かるとおり、めちゃくちゃ窮屈ですよね?

光コラボは、NTTの光回線をさまざまな通信業者で分け合って使用しています。

なのでめちゃくちゃ混みあっています。

フレッツ光は理論上1本の光ファイバーで最大1Gbpsの速度となっています。

 

これを32世帯で共有する場合、1世帯あたり約31Mbpsの割り当てになるのです。

フレッツ光や光コラボを契約している方で、平日の夜間や休日に驚くほど通信速度が低下するってことありますよね?

 

こんなんネット使えるレベルやないぞ

 

使いたいときに使えないってなんぞ

って言葉が出るレベルで回線がヤバくなる理由は超簡単。

光コラボはフレッツ光以外にもたくさんの利用者がたった一つのNTT回線を使うから!

回線の最大上限が決まっている以上、32世帯の中でネット回線を使う人が増えれば増えるほど通信が混雑するのはめちゃくちゃ当たり前のことだったんです。

平日の夜や休日はネットを利用する人が必然的に増えるので、回線がパンクして速度が遅くなりやすいというわけ。

「平日の昼間とかだと最高に快適なゲームプレイができるのに、休日になるとラグすぎてブチギレする」ってことが頻発していたのは、意外と簡単な理由でした。

平日の昼間は学校や仕事で不在の方が多いですが、平日の夜や休日となると暇人が急増してネット回線が悲鳴を上げるって感じでした。

auひかりは何がすごいの?

フレッツ光や光コラボの回線が遅くなる理由は分かりましたよね?

そうなると次の疑問は、

 

auひかりは一体何が凄いの?

だと思います。

「NTTの回線がヤバいのはわかったけど、なんでauひかりにすると快適になるの?」

という疑問に答えるために、一発で分かる図を作成しました。

それがこちら↑です。

「光ファイバーは最大32世帯で分け合う」というのは、フレッツ光だろうがauひかりだろうが全く同じ条件です。

auひかりだけ独自の最新技術で爆速回線になっている、とかではありません。

 

で、auひかりは一体何が凄いの?

答えは超簡単です。

auひかりは回線に割り当てられるそもそもの世帯数が少ないんです!

光コラボは、

  • フレッツ光
  • ドコモ光
  • ソフトバンク光
  • OCN光

などなど、たくさんの回線業者で溢れています。

でもauひかりは独自回線なので、auひかりしか使ってません

だから光コラボが混雑しているのに、auひかりなどの独自回線は快適にゲームをプレイすることができるのです!

ちなみに通信系である「auひかり」はKDDIが保有している光回線、電力系である「コミュファ光」などは中部電力などの電力会社が保有している光回線を使用したネット回線になっています

余談というか豆知識なんですが…。

電力会社は電力系統や電力設備の制御・保守のために電力保安通信線ということで、独自の光ファイバーを持っています。

まぁなんとなく分かりますよね?電力会社なので。

とはいえ、ただの通信会社であるKDDIがなんで独自回線を持っているのか?

ここがちょっとよく分からんですよねw

これについて調べてみたら、面白いことがわかりました。

KDDIの独自回線は、元は東京電力が保有していた回線だったです!

東京電力は以前「TEPCOひかり」という光回線サービスを行っていました。

しかし全然上手くいかなかったので、2007年にKDDIへ事業譲渡をしたんです。

だから電力会社じゃないただの通信会社であるKDDIが、独自の回線を持っているんです!

でもここで勘の良い方なら気付くはずです。

 

東京電力の回線を使ってるなら、全国的に光回線のサービスを展開できないじゃん?

ってことに。

まさにその通りです。

auひかりの独自回線は、東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県の1都3県のみ。

だからそれ以外の地域はNTTの回線を借りています。

そうなると、

「それ以外の地域はNTT回線なの?」

「光コラボと何が違うの?」

という疑問が出てきますよね。

安心してください。

1都3県(東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県)以外の地域は、NTTの回線を使っているのですが…

使っている回線は「ダークファイバー」なんです!

ダークファイバーとは?

ダークファイバーとか馴染みのない回線が出てきましたが、中身はただの光ファイバーです。

NTTの光回線利用率は、だいたい30%~40%ぐらいらしいです。

なので、設置されているだけで使われていない光ケーブルがたくさんあるんです。

そういった未使用の光ケーブルを「ダークファイバー」と言います。

利用していないインフラも、維持管理するためにはお金が掛かります。

なのでNTTは格安な料金で他の企業にレンタルしているんです。

つまり使われていない光ケーブルを格安で借りてるってこと!

だからauひかりはフレッツ光や光コラボの回線よりも安く使用できる上に、通信速度は速くなるっていう良いとこ取りができる超絶優秀な回線なのです。

auひかりの通信速度計測結果はこうなった!

とりあえずauひかりの凄さは伝わりましたよね?

とはいえ実際に通信速度がどんな感じで変化したのか、確認しないと不安ですよね。

なので計測結果の比較画像を用意しました。

まずはこれがauひかりに変更する前の通信速度測定結果になります。

ルーターのレビュー動画で何回も測定はしているんですが、600Mbpsはおろか500Mbpsを超えたことは一度もありません。

契約自体は1Gbpsなんですが、こんなもんなのかな?って感じでずっと使っていました。

そしてこっちがauひかりに変更した後に通信速度を測定した結果です。

なんじゃこりゃw

契約自体はSo-net光プラスと一緒なので、最大1Gbpsです。

だから400Mbpsぐらいが安定してでたら最高だな!って予想していたのに・・・

690Mbps

まじか?これ??

冗談抜きで衝撃的な結果でした。

auひかり回線で実際にゲームをプレーしてみた

フレッツ光の光コラボからauひかりに乗り換えるとどのぐらい良いことがあるのか?

少しは伝わりましたよね!

でも実際にゲームをプレイしてみないと、使い心地は分かりません。

そこでauひかりの爆速回線でフォートナイトをプレイしてみました!

まずauひかりの回線を使っていて一番良かったと思えるところは

Pingがめちゃくちゃ安定している

ってことです。

今回はいつもラグに悩まされていた平日の夜に検証プレイをしてみたんですが、大きなラグの発生が全くありませんでした!

画像の○で囲んだ数値を見てもらえば分かりますが、Pingの値がだいたい平均20ぐらいに収まってますよね?

しかも長時間プレイしてもPingの大幅な上昇がなく、安定した数値を維持しています。

私の体感だと、Ping値の快適さはこんな感じ。

だから、20前後って速いんです!

今までのフレッツ光回線だと突然のラグが必ず発生していました。

だから混雑しそうな日はあえてゲームをプレイしないってことも。

金曜日の夜とかめちゃくちゃなラグいときがあって、最高に迷惑してたんです。

そんなツライ想いをしていた私ですが、ネット回線をauひかりに変更しただけで、めちゃくちゃ快適なゲーム環境を手にすることができちゃいました。

まとめ:auひかりに変えてよかった点と悪かった点

ということで、ネット回線をSo-net光プラスからauひかりへ実際に乗り換えた感想を一言でまとめると、

最強のゲーム環境が手に入る

でした!

よかった点と悪かった点をまとめると、

よかった点

  • 独自回線なので通信環境が安定する
  • ラグがほぼ無いのでストレスが溜まらない

悪かった点

  • 今のところなし

になります!

ゲームをプレイしていて今の回線速度に満足していない方は、auひかりへの乗り換えを検討してみてください。

今ならキャッシュバックが最大45,000円付くので、かなりお得に乗り換えができますよ!

ぜひこの機会に、あなたも最強のゲーム環境を手に入れてくださいね。

>>auひかりのお得なキャンペーンを見てみる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。