Amazon利用者必見!お得な買い方11選

【レビュー】十三機兵防衛圏プロローグの感想・評価|世界観や物語冒頭のプレイだけで製品版への期待がメッチャ高まる

十三機兵防衛圏プロローグ_アイキャッチ

この記事では、「十三機兵防衛圏プロローグ」をプレイした感想を紹介します!

十三機兵防衛圏は2019年秋にPS4で発売予定のゲームソフトです。

本作「十三機兵防衛圏プロローグ」は発売前に、ゲームの世界観や物語の冒頭がプレイできる「プロローグ版」となっています。

オーディンスフィア レイヴスラシルを生み出した「ヴァニラウェア」が開発しているだけあって、抜群の世界観と物語にググッと引き込まれてしまいました。

「十三機兵防衛圏プロローグ」は、名前の通り「十三機兵防衛圏」本編に繋がる序章(プロローグ)です。

ゲームボリューム自体は、2時間もあればクリアできちゃう内容です。

しかし、本編をスグにでもプレイしたくなるぐらいに伏線がこれでもか!ってほどに散りばめられています。

是非とも、濃厚で濃密なストーリー展開が期待される「十三機兵防衛圏」をプレイする前に体験してみてください。

体験版

製品版

十三機兵防衛圏プロローグの内容

十三機兵防衛圏プロローグは、ゲームというより映画の予告編に近い内容でした。

十三機兵防衛圏プロローグの要約
  • 巨大な謎のロボットによって人類滅亡の危機を迎える
  • 人類滅亡を防ぐために、過去・未来を行き来しながら解決の糸口を探すのが本筋

SF要素がふんだんに盛り込まれていて、謎や伏線が張り巡らされた重厚な物語に仕上がっている感じ

だから、派手なアクションシーンやRPGのようなゲームシステムはありません。

「本編を楽しむために13人の顔と名前を覚えてください」と言う制作側の意図

「本編を楽しむために13人の顔と名前を覚えてください」と言う制作側の意図

しかし、13人の主人公たちが繰り広げる濃密な物語は「プレイする人の心を鷲掴みにして離さない」ぐらいの魅力がありました。

13人の主人公たちそれぞれの物語を一人あたり10分程度で読み進める

13人の主人公たち

13人の主人公たち

十三機兵防衛圏プロローグでは、本編に登場する13人の主人公たちの物語冒頭がプレイできます。

最初は、数人しかプレイできませんがクリアするごとにプレイできる主人公が増えてきます。

最終的には13人分の物語冒頭がプレイ可能。

クリアするごとにプレイできる主人公が増えてくる

クリアするごとにプレイできる主人公が増えてくる

13人分もプレイするの面倒くさいんじゃない?

って思うかもしれません。

でも、ひとりの主人公の物語は10分ぐらいでクリアできちゃいます。

そして、引き込まれる物語のため、あっという間に13人分クリアしちゃいますよ。

主人公ごとに物語冒頭がプレイ可能

主人公ごとに物語冒頭がプレイ可能

プレイできるボリュームは少ないんですが、十三機兵防衛圏の本編に繋がるプロローグとしては最高の出来栄えになっています。

物語冒頭プレイ後には本編の予告が見れます

物語冒頭プレイ後には本編の予告が見れます

主人公ひとりひとりの物語は互い交錯しているので、プレイする人数が増えれば増えるほど重厚な物語に変貌してくる。

主人公たちそれぞれの物語が複雑に交錯している

主人公たちそれぞれの物語が複雑に交錯している

物語の全貌はまだ分からないがワクワクが止まらない

物語の全貌はまだ分からないがワクワクが止まらない

フルボイスで物語が進行するので上質なアニメを見ているような感覚になる

登場するキャラクターは全員フルボイスで喋りまくります。

登場するキャラクター全員がフルボイスで喋ります

登場するキャラクター全員がフルボイスで喋ります

そして、アニメのように進行する物語にアドベンチャー要素として「クラウドシンク」システムが盛り込まれています。

「クラウドシンク」システム

「クラウドシンク」システム

クラウドシンクシステムとは?

主人公の頭の中に記憶された物語の重要なキーワードを調べたり、他の登場人物に問いかけたりできるシステム

登場する主人公が思っている感情をプレイヤーが客観的に感じ取ることができるため、物語にさらなる深みを生み出してくれる。

物語はSF要素満載の群像劇

十三機兵防衛圏プロローグで体験できる物語は、「世界滅亡」「タイムリープ」「巨大ロボット」「記憶喪失」などなどSF要素満載の群像劇です。

巨大ロボットにより人類滅亡の危機

巨大ロボットにより人類滅亡の危機

自在にタイムリープを繰り返す

自在にタイムリープを繰り返す

突然あらわれる巨大ロボット

突然あらわれる巨大ロボット

プロローグをプレイしただけでも、数々の謎や伏線が盛りだくさんなんです。

機兵ってなんだよ?

はっ?裏切り者がいるってこと?

えっ!このあとどんなストーリー展開になるの?

と、気になるところで「To Be Continued(続く)」の文字が現れます。

十三機兵防衛圏本編は、続きが気になって徹夜で見続けちゃう海外ドラマのごとく熱中させてくれる予感がしますね。

十三機兵防衛圏プロローグをプレイした感想

1980年代の日本を中心に過去・未来が描かれた世界観が素晴らしい

1980年代の日本を中心に、過去や未来を行き来しながら登場人物たちが複雑に絡み合います。

そして、情景豊かに描かれた世界観が素晴らしいです

1980年代の日本

1980年代の日本

戦時中の日本

戦時中の日本

近未来の日本

近未来の日本

どこか懐かしさを感じる「1980年代の学校風景」や戦時中の日本が描かれたと思いきや、強大な敵と戦う近未来の日本まで幅広い時間軸でプレイヤーを楽しませてくれます。

温かみのある2Dグラフィックに癒やされる

温かみのある2Dグラフィック

温かみのある2Dグラフィック

グラフィックは見てもらえばわかりますが、とても温かみのある2Dグラフィックです。

アニメ色が強すぎず、美しいグラフィックにプレイしていて癒やされる気持ちになりました。

13人の主人公が絡み合う物語に期待が膨らむ

十三機兵防衛圏本編へ繋がる予告編の数々

十三機兵防衛圏本編へ繋がる予告編の数々

「十三機兵防衛圏プロローグ」をプレイしただけでは、はっきり言ってどんなストーリー展開になるか想像できません。

十三機兵防衛圏プロローグの謎や伏線キーワードたち
  • 記憶のダウンロード
  • 機兵
  • 426
  • 適合者
  • 敷島重工業

しかし、予告編としては存分に期待値をあげてくれたので本編発売後はスグに買ってプレイしてみたいですね。

十三機兵防衛圏プロローグの口コミ・評価

十三機兵防衛圏プロローグをプレイした方々のの口コミ・評価をまとめました。

おおむね高評価な方が多く、十三機兵防衛圏本編への期待はすこぶる高まります。

十三機兵防衛圏プロローグの感想・評価まとめ

美しいグラフィックと素晴らしい雰囲気がヒシヒシと感じられるストーリー。

かなり神ゲーの予感がしますね。

発売日には有給をとって、一秒でも長く「十三機兵防衛圏の世界」に浸りつくそうと思います。

体験版

製品版

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です