MEDIOCRITY BLOG

【2016年9月ブログ開設〜】月間7万PV達成!!サラリーマンやりながらブログを書く『サラリーマンブロガー』です。MacとiPhoneをこよなく愛します。Hulu&NetFlix&AmazonPrimeで海外ドラマを観る休日は最高!!

Newニンテンドー3DSシリーズ全種類を徹底解説|3DSの購入でもう迷わない

f:id:Mediocrity:20171007204453p:plain

『3DSを買おうか検討しているあなたへ全ての種類と2DSとの違いを徹底解説します』

  • 3DSって何種類もあって違いがよく分からない
  • 2DSと3DSは何が違うの?
  • Newニンテンドー3DSとニンテンドー3DSの違いは?
  • 結局オススメの3DSはどれ?

ニンテンドー3DS、ニンテンドー3DS LL、そしてNewニンテンドー2DS LLを購入し、遊び倒してきた私がすべての3DSシリーズ全機種の特徴やオススメポイントをまとめました。

結論としては、3DSシリーズで最もオススメするのは『Newニンテンドー2DS LL』です。しかし、モデル毎に価格や機能・特徴が違うので、一番あなたに合った機種を選んでください。

▼Newニンテンドー2DS LLを購入した感想を詳しく書いています。
>>Newニンテンドー2DS LLを買って良かった2つの理由|3DS LLとの比較レビュー

スポンサーリンク

現行機種は3種類

2017年10月5日現在の現行機種は3種類です。

  1. Newニンテンドー3DS LL
  2. Newニンテンドー2DS LL
  3. ニンテンドー2DS

それぞれの特徴とオススメポイント、そして『どういった方にオススメなのか?』について紹介していきます。

Newニンテンドー3DS LLの特徴

Newニンテンドー3DS LLの特徴

NEWニンテンドー3DS LL
発売日
2014年10月11日
価格
18,800円(税抜)
サイズ(縦)
93.5mm
サイズ(横)
160mm
サイズ(厚み)
21.5mm
重さ
329g
上画面
4.88型ワイド液晶(400×240ドット)
下画面
4.18型タッチ入力機能付き液晶(320×240ドット)
液晶の種類
IPS液晶
裸眼立体視機能
あり

Newニンテンドー3DS LLのカラーバリエーション

f:id:Mediocrity:20171006220827p:plain

現行のカラーバリエーションは4種類です。

  • サムスエディション
  • ライム✗ブラック
  • パールホワイト
  • メタリックブルー

Newニンテンドー3DS LLのオススメポイント

f:id:Mediocrity:20171005214455p:plain

  • Newニンテンドーシリーズから搭載されたCスティックとZL/ZRボタンが付いています
  • 3D機能である『裸眼立体視機能』が付いています
  • 3DSシリーズの全ての機能が搭載された最上級のグレード

液晶もIPS液晶を使用しており、色再現性や視野角が広いので画面の見え方がキレイです。しかし、価格はシリーズの中で一番高い。機能がてんこ盛りのハイエンドモデルですね。

Newニンテンドー3DS LLはこんな方におすすめ

  • 少しくらい価格が高くても一番良いやつが欲しい
  • せっかくだから3Dでゲームを楽しみたい

Newニンテンドー2DS LLの特徴

Newニンテンドー2DS LLの特徴

Newニンテンドー2DS LL
発売日
2017年7月13日
価格
14,980円(税抜)
サイズ(縦)
86.36mm
サイズ(横)
159.36mm
サイズ(厚み)
20.8mm
重さ
260g
上画面
4.88型ワイド液晶(400×240ドット)
下画面
4.18型タッチ入力機能付き液晶(320×240ドット)
液晶の種類
TN液晶
裸眼立体視機能
なし

Newニンテンドー2DS LLのカラーバリエーション

f:id:Mediocrity:20171006221207p:plain

現行のカラーバリエーションは6種類です。

  • モンスターボールエディション
  • ピカチュウエディション
  • ブラック✗ライム
  • ホワイト✗ラベンダー
  • ブラック✗ターコイズ
  • ホワイト✗オレンジ

Newニンテンドー2DS LLのオススメポイント

  • 3Dに見える裸眼立体視機能が付いていません。しかし、その分お安くなっています
  • Newニンテンドー3DSに比べて『軽い・小さい・安い』の三拍子揃った万能モデル

私が3DSシリーズで一番おすすめしているのが、この『Newニンテンドー2DS LL』です。実際に購入して満足しています。

▼使ってみた感想を記事にまとめています
>>Newニンテンドー2DS LLを買って良かった2つの理由|3DS LLとの比較レビュー

Newニンテンドー2DS LLはこんな方におすすめ

  • 手頃な値段で機能もそこそこ欲しい
  • 3Dで見える機能は必要ない

ニンテンドー2DSの特徴

ニンテンドー2DSの特徴

ニンテンドー2DS
発売日
2016年2月27日
価格
9,800円(税抜)
サイズ(縦)
127mm
サイズ(横)
144mm
サイズ(厚み)
20.3mm
重さ
260g
上画面
3.53型ワイド液晶(400×240ドット)
下画面
3.02型タッチ入力機能付き液晶(320×240ドット)
液晶の種類
TN液晶
裸眼立体視機能
なし

Newニンテンドー2DS LLのカラーバリエーション

f:id:Mediocrity:20171006221439p:plain

現行のカラーバリエーションは5種類です。

  • ブルー
  • レッド
  • クリアブラック
  • ピンク
  • ラベンダー

ニンテンドー2DSのオススメポイント

  • 折りたためない・LLより画面が小さいなど、デメリットはあります
  • しかし、3DSシリーズで最も安いという圧倒的な価格が最大のメリット

9,800円で3DSシリーズのすべてのソフトが遊べるので、コストパフォマンスは非常に高い機種ですね。

ニンテンドー2DSはこんな方におすすめ

  • とりあえず安い機種が欲しい
  • 多少のデメリットは気にならない

ニンテンドー3DSとNewニンテンドー3DSの違いは?

さすがに、名前に『New』がつくだけあって機能がぐっとバージョンアップしています。

3Dブレ防止機能

f:id:Mediocrity:20171006223505p:plain

今までのニンテンドー3DSでは3Dがブレブレで見にくいし、なんか3D酔いで気持ち悪くなっていたんで、裸眼立体視機能はほとんど使っていませんでした。

しかし、Newニンテンドー3DSでは、内側のカメラでプレイヤーの顔を認識し最適な3D画面表示をしてくれます。だからブレずに3D機能がとっても使いやすくなりました。

新しいスティックとボタンが追加

f:id:Mediocrity:20171006223525p:plain

新たなスティックとして『Cスティック』、新たなボタンとして『ZLボタン』と『ZRボタン』が追加されています。これが地味に便利なんですよ。

たとえば、モンスターハンタークロスだと、狩技2を『ZLボタン』狩技3を『ZRボタン』に割り当てることができます。ニンテンドー3DSの場合はZボタンがないのでタッチパネル操作が必要です。PS4のような据え置き機のコントローラーみたいに操作性が向上するので、よりストレスフリーでゲームが楽しめますね。

NFC対応でamiiboが使えるぞ

f:id:Mediocrity:20171007194847p:plain

『amiiboって使ってますか?』

ミニフィギュアみたいでコレクションしたくなるような可愛さ、そしてさまざまなゲームでちょっとオトクなアイテムが貰えるんですよ。無くても遊べるけど、あると嬉しい、そんなamiiboがNewニンテンドー3DSから読み取り対応しました。

主な生産終了機種

すでに生産は終了していますが、在庫分であったり中古品としては出回っている機種になります。

中古でよっぼど安くなっていれば購入のメリットがありますが、現行機種(Newニンテンドー3DS LL、Newニンテンドー2DS LL、ニンテンドー2DS)を買うのがオススメです。

さいごに

携帯ゲーム機ではトップシェアのNewニンテンドー3DSシリーズ。あなたのプレイスタイルにぴったりの機種を見つけて素晴らしいゲームたちを楽しみましょう。

関連記事

▼3DSのオススメソフトを厳選して紹介しています。
>>3DSのおすすめゲームソフト22選|神ゲーをプレイしてみないか?

以上。