MEDIOCRITY BLOG

【2016年9月ブログ開設〜】月間7万PV達成!!サラリーマンやりながらブログを書く『サラリーマンブロガー』です。MacとiPhoneをこよなく愛します。Hulu&NetFlix&AmazonPrimeで海外ドラマを観る休日は最高!!

【レビュー】ロジクールMX Master MX2000の感想・評価|素晴らしく使いやすい高級マウス

f:id:Mediocrity:20161126122652p:plain

『一万円もするマウスってどうなの?』

高級マウスって使ったことありますか?私はずっと安物マウスを使っていました。

『カチッカチッ』と大きな音がするし高速スクロールもないし、優れた機能はなんにもない、ただ安いだけのマウス。特に不満もなく使用できていたんです。

そう、ロジクールの『MX Master MX2000』を使うまでは!

安物マウスを使っていた人が、高機能で高価格のマウスを使うと「あ然」とします。

『今までのマウスってなんなの?』って。

実際にロジクールの『MX Master MX2000』を使用した感想と評価をまとめましたので、購入の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

ロジクールMX Master MX2000はこんな方にオススメ

  • 値段が高くても品質の高いマウスを探している
  • マウスにこだわりたいがどんなマウスがいいんだ?
  • 安いマウスを使っているが不満だらけ

こんな思いのあなたは、ロジクールMX Master MX2000を使ってみてください。『ヤベー、マジでいい』って思いますよ。

ロジクールMX Master MX2000の特長

MX Master MX2000って、ロジクールが発売しているマウスの中ではダントツに高額なマウスです。だから、機能もそこらへんの安いマウスとは格段に優れています。

  • 手にピッタリフィットする「謎のグリップ感」
  • ガラステーブルでも反応する「Darkfieldテクノロジー」
  • スムーズに動作する高速スクロール
  • Easy-switchボタンで3台のデバイスに切り替え可能
  • ジェスチャーボタンが地味に使える

グリップ感がシックリくる

f:id:Mediocrity:20171022074939p:plain

『親指・人差し指・薬指と手のひらでスッと包み込めるグリップ感』

今まで使っていたペラペラの安いマウスに比べて、少しマウスのフォルムが大きく背が高い印象でした。しかし、使い始めるとグリップ感とホールド感がいいんです。

手にピタッとフィットするラバー系の素材と独特のフォルムによって長時間使っていてもストレスはゼロです。

ガラステーブルでも驚くほど反応する

f:id:Mediocrity:20171022075730p:plain

ロジクールの高級マウスですので、もちろん最新の技術がふんだんに詰め込まれています。そのひとつが『Darkfieldテクノロジー』。

従来のマウスって、操作する表面上の凹凸を検知してマウス動作の方向と速度をトラッキングするんです。だから、ガラス面などの表面がなめらかな場所だとサッパリ動きません。

しかし、Darkfieldテクノロジーだと従来は検知できない微細な凹凸を識別するので、ガラス面などのなめらかな場所でもサクサク使えます。

高速スクロールが病みつきになる

f:id:Mediocrity:20161126122800p:plain

『高速スクロールは画期的な機能だろ』

高速スクロールって使ったことありますか?

今までのわたしは画面をスクロールするときに『カリカリカリカリッ』と何度も人差し指を動かしていました。このカリカリ動作が当たり前だったんです。

しかし、高速スクロールを知ってからはホントに無駄な動作だったと思い知りました。

ロジクールの高速スクロールを使う場合は、ホイールをギュッと回します。すると、ホイールがハンドスピナーみたいに惰性でギュンギュン回ります。そして、回っているスピードに応じてスクロール速度が変化するんです。

『凄くないっすか?』

ふつうに使うときはカリカリと回して、一気にスクロールしたいときはギュンッて回す。この使い分けに慣れると高速スクロールに対応していないマウスは使えなくなります。

複数デバイスでサクッと切り替えが可能

f:id:Mediocrity:20161126122827p:plain

WindowsのパソコンとMacのパソコンを2台使っている。またはデスクトップパソコンとノートパソコンを2台使っている。そんな方にメチャクチャ便利な機能が『Easy-switchボタン』です。

MX Master MX2000は3台のデバイスまでペアリングが可能です。そして、『Easy-switchボタン』を押すことによって、簡単に3台のデバイスを使い分けすることができます。たったコレだけなんですが、地味に便利です。

複数のデバイスを使い分けしている方は、『1台のマウスで複数のデバイスをサクッと使い分けできる機能』の便利さに惚れ込むハズです。

ジェスチャー機能がMacのトラックパッドに匹敵する

f:id:Mediocrity:20161126122816p:plain

『Macのトラックパッド最高』

初めてMacを買ったときに感動したのが、トラックパッドでした。クリック意外にスワイプして画面を切り替えたり、すべてのフォルダを一括表示したりと感動的な使いやすさなんです。

そして、MX Master MX2000はそんなトラックパッド並の『ジェスチャー機能』を備えています。

ジャスチャーボタンの機能例

f:id:Mediocrity:20161126122907p:plain

ジェスチャーボタンを押しながらマウスを上下左右にスライドすることで、特定の機能を動作させることができます。そして、カスタムで好きな機能を割り当てることも可能なんです。

だからマウスとキーボードを駆使して行っていた作業も、マウスひとつで出来ちゃいます。

さいごに

値段が高くても「MX Master MX2000」を買ってよかったです。

少しでも興味があって、買ってみようかなって思っている場合は、ロジクールMX Master MX2000の購入を激しくオススメします。

以上。