読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MEDIOCRITY BLOG

【2016年9月ブログ開設〜】月間7万PV達成!!サラリーマンやりながらブログを書く『サラリーマンブロガー』です。MacとiPhoneをこよなく愛します。Hulu&NetFlix&AmazonPrimeで海外ドラマを観る休日は最高!!

【レビュー】Logicool MX Master MX2000を1年使ってみた感想

f:id:Mediocrity:20161126122652p:plain

みなさん、知らない方もいらっしゃるかと思いますが、実は『史上最強のマウス』ってあるんです!そして私が『史上最強のマウス』だと思っているのが、

『Logicool MX Master MX2000』

購入してから約1年経過しましたので、メリット/デメリットをレビューしたいと思います。

スポンサーリンク


まず最初に!

えぇっと、このマウス非常に価格が高いです。

一般的なマウスは数千円もあれば買えます。そんな中、この『Logicool MX Master MX2000』はAmazonの通販価格で1万円を超えます

私も最初は、『高っ!!!こんなんだれが買うんだ!!』と思っておりました。
でも、いろいろと調べていくうちにだんだん価格に見合う価値を見出してきました。

Logicoolのこだわり

まずは、この動画を見て頂きたいです。Logicoolのこだわりが垣間見れると思います。

⬇⬇Logicool MX Master MX2000_公式PR動画⬇⬇

私の場合、マウスって仕事(8時間)+プライベート(2時間)で一日10時間は使うんですよ。一日の約半分を共にするツール『マウス』。

美容師で言ったら『ハサミ』。野球選手で言ったら『バット&グローブ』。営業職だったら『スーツ』。ハガキ職人だったら『ハガキ』。etc

そんな感じで、いわば私にとって『マウス』は商売道具なんですよ!その商売道具にお金を掛けられるようになりました、齢30になりましたので。

MX MASTERの説明(実写)

※約1年使い込んだので、くたびれ感出てますがご了承願います!w

表面

f:id:Mediocrity:20161126122800p:plain

側面

f:id:Mediocrity:20161126122816p:plain

裏面

f:id:Mediocrity:20161126122827p:plain

MX MASTERのメリット

★マウスの持ちやすさ

Logicoolの職人が丹精込めて試作を重ねただけあって、持ちやすいです。

初めは『んっ?』ってなりましたが、今は手に馴染む感じがGood!!

★Easy-switchボタンでの切り替え

最大3台までのデバイスに切り替え対応が可能!!
複数のPCで使用する方には非常に重宝されると思います。

私の場合は、Mac/Winを使用していますので、ボタン1つで切り替えて使ってます。

★どこでも使える

どこでも使える!って書きましたが、そりゃ『水中で』とか『布団の上で』とかはダメです。

PC作業を行う際、ガラスのテーブルってあると思うのですが、そこで使えるってのが一番感動しましたね!汎用的なマウスでは『1mm』足りとも動きませんでしたから。

Darkfieldテクノロジー
オプティカルマウスと従来のレーザーマウスは共に、操作表面上の凹凸に基づき、マウス動作の方向と速度をトラッキングします。この理由から、従来のマウスは光沢のある表面では上手く動作しません。Darkfieldレーザートラッキングはこのような場所で活躍します。Darkfieldは、ごくわずかなディテールに基づき表面のマイクロ ロードマップを作成するので、ガラスを含めたより多くの表面で、さらなる精度を提供できます。
出典:トラッキング テクノロジー

★スピードが可変出来るスクロールホイール

カチッ、カチッ、(ここで強くスクロール)ギュイーーッン、カチッ!

この擬音語で伝わるか若干不安ですが、こんな感じで高速スクロールが出来ます。

長文サイトを読む時とかに、下までスクロールするのがめちゃくちゃ楽です。
ギュイーーッンです、ギュイーーッン!

★ジャスチャーボタンの使い勝手

f:id:Mediocrity:20161126122907p:plain

私はMacbookproを使っているのですが、このジャスチャーボタンでトラックパッド並に操作が可能。

好みになってしまいますが、トラックパッドよりマウス派でしたので、マウスでトラックパッド並の操作が出来ることが何よりも便利に感じました。

MX MASTERのデメリット

電池の持ち!・月に2〜3回は充電が必要!(Micro-USBポート経由で充電、充電時間=約1時間)
私…面倒くさがりなので、電源のON/OFFとかいちいちやりません。だから、ずっと電源入りっぱなし。その状態で約1.5週間は持ちます。

その都度、Micro-USBポート経由で充電が必要となります。充電時間は体感で約1時間ですかね。だから、月に2〜3回は充電しなくちゃいけないのでそれが唯一のデメリットですね。

まとめ

一般的なマウスより価格は高いですが、1年間使用してみてその価格に見合う価値がある!と感じました。マウス選びで悩んでいる方は、是非この『Logicool MX Master MX2000』を候補に入れてみてはどうでしょう??

以上。