読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MEDIOCRITY BLOG

【2016年9月ブログ開設〜】月間7万PV達成!!サラリーマンやりながらブログを書く『サラリーマンブロガー』です。MacとiPhoneをこよなく愛します。Hulu&NetFlix&AmazonPrimeで海外ドラマを観る休日は最高!!

【処方箋】薬を処方してもらう為に調剤薬局へ行ってなぜか悲しい思いをした話!

子供の頃は病院内で薬を処方してくれていた思い出がありますよね!?
だけど、今はどこの病院に行っても病院外の薬局で薬を処方してもらうんですよね?

そして先日、ものもらいを患い眼科に行きました。
そこで、私は、悲しい思いをしました。そんな話です!!

その前に処方箋ってなに??について調べました!

スポンサーリンク


処方箋ってなに?

病院へ掛かった際、お医者さんが患者に対して治療に必要な薬の種類や量、服用方法を記載した書類が処方箋です。この処方箋をもとに、薬剤師の方が内容を精査し、調剤してくれます。

そして、患者には4つのメリットがあるそうなんです!!

①処方せんが発行されることで文書として記録が残ります
②どんな薬が処方されたか自分で確認することができます
③薬の専門家である薬剤師が内容に問題がないかをチェックできます
④患者さまご自身の意思で、調剤薬局を選ぶことができます
出典:処方せん(処方箋)とは?(メリットや有効期限など)|処方せんをもらったら|日本調剤

医薬分業によるメリット

医師と薬剤師による2重のチェックが入ることで、誤った薬の処方を防げることと、患者さんの服薬が管理しやすいことなどが主なメリットとして考えられています。
出典:なぜ調剤薬局がこんなに増えたの?

悲しい話について

その日、わたしは、ものもらいを患い眼科へ行きました!

そして、適切な診察を受けて無事に診察を受けて会計をする時に、財布に2,000円しか無いことが分かりました!!

なんとか、ギリギリ病院の支払いを済ませ、近くにコンビニも無かったので一旦自宅へ帰りました。

その後、また眼科隣接の調剤薬局へ行くのは面倒くさく、自宅近くの調剤薬局へ行ったんですが、ここで悲しい思いをすることに!

f:id:Mediocrity:20161125212016p:plain

その時は時刻18:00。その調剤薬局は18:30閉店。なんとか間に合ったと思ったのも束の間、

薬局の方▶『あの〜すみません。ちょっとこの薬なんですが、今在庫切らしてまして…』

私▶『はぁ』

薬局の方▶『問屋に確認するので、少しお待ちいただけますか??』

私▶『はぁ』

その時、時刻18:10。

薬局の方▶『問屋にはあったのですが、今からだと遅くなってしまうので、明日お越し頂けますか??』

おいおいおい。調剤薬局って各種処方箋は受け付けます。

(ただし、すぐに薬を渡すとは言ってねぇからな!!!)

ってことっすか???w

すみませんが、ものもらいが痛いので直ぐに薬欲しいんですがっ!!!とは言えずに

私▶『わかりました☆じゃあ明日また伺います。』

ってことで。w

まとめ

要は、病院に隣接した調剤薬局じゃないと品揃えが不十分ってことなんですよね???

『医薬分業』もいいけど、どうせ隣接の薬局で調剤するんだから、病院内で一緒に薬渡してもらえた方が早くていいんだけどな!!

って医療業界のことを、なにも知らない社畜がなんかボソボソ言ってます。w

以上。