読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MEDIOCRITY BLOG

【2016年9月ブログ開設〜】月間7万PV達成!!サラリーマンやりながらブログを書く『サラリーマンブロガー』です。MacとiPhoneをこよなく愛します。Hulu&NetFlix&AmazonPrimeで海外ドラマを観る休日は最高!!

【秋の行楽シーズン必見】人気主要テーマパークの入場料金まとめ(2016年度9月調べ)

どうも家族とどこかにいこうかと考えてます。秋と言えば、『行楽』ということで

山野などに行って遊び楽しむこと。遊山(ゆさん)。「行楽に出かける」「行楽客」

行楽(コウラク)とは - コトバンク

日本全国の人気主要テーマパーク入場料金勝手にまとめてみました。
※ひたすらHP巡りをして地道に纏めました。大変だった…

ドーン
f:id:Mediocrity:20160923140038p:plain
金額が高い順にリスト化しました。日本で一番高いテーマパークは”USJ”なんですね!

みなさん、この表から何が分かりますか?

分からない?そうでしょう。では、まずは、家族4人で旅行に行くとしましょう。

【モデル家族_三津谷家の場合】

※人物像は全てフィクションです。三ツ矢サイダーが好きなのは秘密で。。
父・・三津谷斉造(45歳)会社員 中間管理職として、会社/家でも板挟みの状態 取り敢えず疲れている
母・・三津谷斉子(40歳)専業主婦 日々の生活に疲れている
長男・・三津谷斉太(16歳)学生 反抗期真っ最中
長女・・三津谷朝日(13歳)学生 反抗期なりかけ

そんな三津谷家が、一家の交流をより深めるべく秋の行楽シーズンにテーマパークへ旅行に行きます。

父 = ¥7,400/母 = ¥7,400/長男 = ¥7,400/長女 = ¥7,400 合計¥29,600掛かります。

『たまの休みなんだからいいだろう!』と斉造は言うが、斉子にピシャリと『あんたの給料を遣り繰りしてるのは私だよ。』『その私が厳しいと言ってるのよ』と、斉太、朝日は、二人の話には目もくれずひたすらスマホゲーム。たぶん白猫でしょう…。

はい。せっかく一家の交流を深めようとしたのに、悲惨な結果となってしまいました。そこで、そんな家族の解決策を私が見つけました!

『コスパ最強』ふなばしアンデルセン公園

テーマパークの入場料金検索をしてネットを徘徊している中、度々目にした名前、それが『ふなばしアンデルセン公園』です。
千葉県船橋市にある総合公園でして、経営母体が船橋市。民間の企業が経営しているテーマパークでは無い為、非常に安価な料金設定となっております。

f:id:Mediocrity:20160923144210p:plain
参照:ふなばしアンデルセン公園:ご利用案内

なんと入園無料の日もあります。
f:id:Mediocrity:20160923144219p:plain
参照:ふなばしアンデルセン公園:ご利用案内

東京ディズニーランドリゾートに次ぐ、人気スポットなんですよ

世界最大の旅行サイト『TripAdvisor®』『トラベラ ーズチョイス 世界の人気観光スポット2015 ~テーマパーク編~』ではあの東京ディズニーランド、東京ディズニーシーに次ぐ、第3位にランクイン。

その翌年の『トラベラ ーズチョイス 世界の人気観光スポット2016 ~テーマパーク編~』では、前年のランキング第3位のおかけで、観光客が殺到し過ぎ『この混み具合は尋常じゃない』だの『もう少し、落ち着いてから来よう』などと言われる有様。結局、2016年のランキングは第9位となってしまったが、その魅力が衰えたわけではない。
トリップアドバイザー: 口コミを参考に、料金を比較して予約

『おかげさまで入場者数は増えていますが、公益法人なので、うちの公園は儲かっちゃいけないんです(笑)。なので、儲かった分は還元しないといけない。還元方法は、まず、無料入園者数を増やしたり入園料を下げること。次に、園内のサービスを充実させることになります。でもサービス面では、ハード部分(施設の増設)は市がやっているので手をつけられないので、ソフト部分(イベントを行うなど)で入園者に還元できるようにしています。そのアイデアを職員が自由に提案し、実現できる環境にあるので、職員も楽しく仕事をしていますし、それが毎日笑顔で接客できている理由なんじゃないかと思います。それと、トリップアドバイザーでは3位に選んでいただきましたが、そのプレッシャーも特にないんです。『このあとどうしましょ?』『もう落ちるだけかも』なんて笑いながら、毎日楽しく仕事をさせていただいてます(笑)』

船橋の素朴な公園は、なぜUSJを抑え、日本3位のテーマパークに選ばれたのか? | ハーバービジネスオンライン

利潤を追求するのではなく、いかに入場者に笑顔を届けるかが重要だと考えており、営利を目的としない公益法人が経営しているテーマパークならではだと思います。
f:id:Mediocrity:20160923193518p:plain
出典:アンデルセン公園 メルヘン丘ゾーン

たまには、自然溢れる公園型テーマパークでまったり過ごすのも良いんじゃない。

以上。