読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MEDIOCRITY BLOG

【2016年9月ブログ開設〜】月間7万PV達成!!サラリーマンやりながらブログを書く『サラリーマンブロガー』です。MacとiPhoneをこよなく愛します。Hulu&NetFlix&AmazonPrimeで海外ドラマを観る休日は最高!!

【悲報】未だにピコ太郎の面白さが理解出来ないんですが!!

熱狂的なピコ太郎ファンの方々には、大変申し訳ありません。

f:id:Mediocrity:20161029132553p:plain

しかし、私の個人的意見としては、未だにその面白さが理解出来ずにいます。
本当に理解に苦しみます。

スポンサーリンク


笑いの基本は【三段落ち】

f:id:Mediocrity:20161029115851p:plain

一般的に、笑いとは『フリ』に対する『オチ』があるからこそ面白いのではないでしょうか?

テレビを見ていると、お笑い界の重鎮『さんま』氏が常日頃、仰っている言葉があります。

『ほんで??』(標準語では『それで?』)

これはMCで『さんま』氏が番組の出演者達に対し貪欲に『オチ』を求めている姿勢が現れていると感じます。

それほど、お笑いにおける『オチ』の重要性が説かれている!と私は思うのです。

ピコ太郎の作品

アイハブハ『ペン』、アイハブハ『アッポー』。アン、『アッポーペン』。

アイハブハ『ペン』、アイハブハ『パイナッポー』。アン『パイナッポーペン』。

『アッポーペン』、『パイナッポーペン』。アン『ペンパイナッポーアッポーペン』。

はぁあ???w

すみません。当たり前のことを、当たり前に言っている。ただそれだけ。それ以上でもそれ以下でも無い。ただそれだけのこと。

私が大好きな『博多華丸・大吉』さんや『千鳥』さんらの行っているお笑いとは次元の違いを感じます。

これが、ジャスティン・ビーバーの絶賛する作品なのか?
私はそっとYoutubeを閉じました。

そのピコ太郎が2ヶ月で稼いだ金額

社畜の私は、このニュースを見た時、私は愕然としました。
参考URL:【衝撃】ピコ太郎の「PPAPペンパイナッポーアッポーペン」YouTube動画の収入判明! たった2か月で大金持ちに(笑) | バズプラスニュース Buzz+

なんと、2ヶ月で2,900万円もの大金を手にするそうです。
えぇー、社畜の私の年収比較で数年分もありますw

はぁあ???w

そんな愕然とした思いが、この記事に昇華され。
来週からまた、真面目に会社に行く気力を保っています。

以上。